HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPO005678

Vtg Navajo Arrows Stamped & Repoused Concho Pin c.1940~

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、ナバホジュエリーらしい武骨で力強いシルバーワークが特徴的な作品。伝統的なコンチョをベースとし、立体的なリポウズ/バンプアウトやアロー等のスタンプワークが施されたアンティーク/ビンテージのピンブローチです。

1940年代~1960年代前半頃の作品と思われ、おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形された地金は比較的薄く造形されていますが、そのシルバーの肌はとても硬く滑らかな質感に仕上げられています。
シェイプはクラシックなオーバル型をベースとし、ハンマーワークによって中央が柔らかく膨らむ立体的なアール(曲面)が施されています。これは、木(丸太)やレッド(鉛の塊)に施された凹みに、地金となるシルバーをハンマーで叩き沿わせることによってドーム状の膨らみを作り上げており、非常に細かく何度もタガネで叩き沿わせる高度なハンマーワークで成形されています。
そして、中央部分にはナバホパール(真珠)やインディアンパールとも呼ばれる半球型と、それを中心にバースト状(放射状)に4ヶ所のリポウズ/バンプアウトが施されています。これらのディテールは、鋼で作られた凹と凸の金型に挟み込むことでシルバーを叩き出し凹凸(バンプ)を作るシルバーワークによって成形されています。強く高く叩き出される凸が生み出される事で、迫力のある表情が与えられており、その立体感が美しいコントラストやシルバーの質感を強調しています。
そして、それらのバンプに合わせてアロー等のスタンプワークが施され、エッジ部分にも非常に深く力強いスタンプが刻まれています。またそのスタンプに呼応して『スキャロップドエッジ』(ホタテ貝)とも呼ばれる細かな動きのあるシェイプにカッティングされています。


【Arrow/Arrowhead】アロー/アローヘッドは、『お守り』の意味合いを持ちインディアンジュエリー創成期からみられる最古のモチーフの一つです。


ホールマーク(作者や工房等のサイン)が刻まれておらず、作者や正確な背景を知ることが出来ませんが、アローのスタンプデザイン等には作者のオリジナリティも感じさせ、その他のスタンプ(鏨)ツールもアンティーク作品独特の質の高いスタンプとなっています。

また、インディアンジュエリー独特の武骨なシルバーワークにより、エスニシティな雰囲気も帯びた作品ですが、シルバーのみで構成されたソリッドな印象やビンテージ作品の渋い質感により、性別やスタイルを問わずお使い頂きやすい印象のピンブローチとなっています。アウターのアクセントとして、ラペルや襟等にもフィットしますし、ハット等のワンポイントにも使い勝手の良いピースです。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションも良好です。シルバーのクスミやハンドメイド独特の制作上のムラ、ニードルパーツに少し歪みが見られますが、あまり使用感を感じない良好な状態を保っています。
PRICE:
29,700 円(税込)
SIZE:
縦 約3.25㎝   横 約4.1㎝   
MATERIAL:
Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ