HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JOB006125

Antique Navajo Great Stamped IngotSilver Concho Belt c.1930~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、大変クオリティの高いスタンプが特徴的なアンティークのコンチョベルト。性別を問わずご使用いただけるサイズ感も素晴らしい作品です。

1930年代~1940年代頃に作られた作品で、全てインゴットシルバー(銀塊)から成形されており、美しく上質なスタンプワークをはじめ、大変高い技術力を感じさせるシルバーワークによって作り上げられたハイエンドなピース。そのスタンプのデザインや作品の特徴等からは、【C. G. Wallace Trading Post】C.G.ウォレスインディアントレーディングポストで制作されたものと推測されますが、正確な作者等は不明となっています。

バックルはオーバルシェイプをべースにしており、深く刻まれたスタンプワークに呼応したエッジは『スキャロップドエッジ』(ホタテ貝)とも称される細かな動きのあるシェイプにカットされています。さらに、美錠部分の上下には『チェイシング』と呼ばれる鏨を使いシルバーに立体的な角度を付ける技術によって、深く凹が造形され、そこにも細かなスタンプワークが刻まれています。
また、バックル以外のコンチョと共通してポイントとなっているスタンプが【蜂/Bee】がモチーフのデザインで、同年代の作品では希に見かけるディテールとなっています。
コンチョのエッジもスキャロップドエッジに造形されており、オーセンティックなフラワーコンチョの造形スタイルとなっています。中央には菱形のカットアウトが施されており、そこにレザーベルトが透けるデザイン。このような造形は、ファーストフェーズ/古典期の作品を踏襲したディテールであり、デザイン・製法共に、ナバホジュエリーの古典技術を駆使して仕上げられたコンチョベルトとなっています。しかしながら、非常に質の高いスタンプツール(鏨)や造形センスによって現在においても新鮮で年代を感じさせない完成度を見せています。

また、本作でも特徴となっている『スタンプワーク』は、スタンプ/鏨ツールを打ち付けることによってシルバーに文様を刻みこんでいますが、そのツール(鏨)はシルバーよりも硬い鉄(鋼)で作られています。その為、その加工はジュエリー制作よりもはるかに高い難易度となります。また、ナバホジュエリーにおけるスタンプワークは、古くからその根幹を成す技術の一つであり、シルバースミスの「技術力」は、スタンプツールを制作する「技術力」次第であり、優れたシルバースミスはイコール優れたスタンプメーカーです。また、スタンプのクオリティは現代作品とビンテージ作品を見分ける上でも大きな特徴となります。1950年代以前の作品で見られる1920年代~1940年代に作られたスタンプツールの多くは、本作と同様に非常に細かな文様を刻むことが出来る高い質を持つことが特徴となっています。
本作では非常に細かく繊細な文様を持ったスタンプ(鏨)が正確に深く打ち込まれており、ナバホジュエリーの伝統的なシルバーワークと造形スタイルで構成された作品ですが、作者の非常に高い技術とクリエイティビティも感じられます。

さらに、全体に立体的なアールがつけられています。これは、木(丸太)やレッド(鉛の塊)に施された凹みに、地金となるシルバーをハンマーで叩き沿わせることによってドーム状の膨らみを作り上げており、非常に細かく何度もタガネで叩き沿わせる高度なハンマーワークで成形されています。


【Ingot Silver】インゴットシルバー(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位などの素材とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、材料として市販されているシルバープレート(銀板/ゲージ)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで圧力をかけて伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやワイヤーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


ナバホの古典的な技術によって構成された作品であり、素朴でオーセンティックな印象を受けますが、シンプルでセンスを感じさせるクリーンな表情や蜂/Beeモチーフ等、有機的なモチーフにより作者の個性や価値観の宿った作品となっています。

また、コンチョベルトは強い存在感を示し、スタイリングの要となり得るアイテムですが、本作はシルバーのみで構成されていいる為に派手さがなく、さり気なく多くのスタイルにフィットする汎用性を備えた作品となっています。さらに、ナローなベルト、そして絶妙なサイズのコンチョとバックルにより、男性にも女性にもナチュラルに馴染み、長年にわたってご愛用いただけると思われます。

インディアンジュエリー独特の味わいや武骨さも感じさせ、手工芸品として極限まで高められたシルバーワークによりアートピースとしても高く評価されるウェアラブルアートとなっています。
また、作者を特定することはできませんが、素晴らしい造形センスを持ったシルバースミスによるアンティーク作品であり、インディアンジュエリーの深淵な歴史を感じさせるスペシャリティを持ったコンチョベルトです。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションは、全体に多少の使用感やキズ等が見られますが、目立ったダメージの無い良好な状態を保っています。ベルトのレザーについては、画像のように一ヶ所に5㎜程度の亀裂が見られますが、現状はそのままでもお使いいただけます。
PRICE:
198,000 円(税込)
SIZE:
ベルト全長102.0㎝
ウエストサイズ 約76.0㎝~92.0㎝ 8ホール(ピン穴)
※ホールの間隔が途中で変わっています。
ベルト幅 約2.0㎝

バックル 縦 約6.2㎝ 横 約6.7㎝
コンチョ 縦 約5.6㎝ 横 約6.3㎝
MATERIAL:
Ingot Silver, Leather
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ