HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF014803

Antique 卍 Stamped Thunderbird Shape Silver Ring w/TQ c.1925~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリーで、サンダーバードシェイプがフェイスに構成され、そのセンターにターコイズ、そして両翼には【卍】Whirling Log/Nohokosのスタンプワークが施された小さなサイズのアンティーク/ビンテージリングです。

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる、20世紀前半のサウスウエスト観光産業の隆盛に合わせて作られたスーベニアアイテムの一つですが、全ての工程が伝統的な技術によってハンドメイドで仕上げられています。そのため、マシン工程が併用され量産化された同スタイルのピースと比べ、ディテールやデザインセンスなどに独自性とハンドメイド特有の味わいを持った作品です。

1920年代後半~1930年代頃に制作されたものと思われる作品で、シャンクはフロントが割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で2本に割り開かれており、フロント部分にサンダーバードがアップリケ/パッチワークされることで構成されています。細かなカッティングワークによって小さなサンダーバードのシェイプが構成され、そこにスタンプワークが刻まれる事によってサンダーバードの顔や脚等、細部を描き出しており、両翼には卍のスタンプも刻まれています。さらに、センターにはさりげなくも美しい色を持ったターコイズがマウントされており、その石を留めるベゼル(覆輪)も量産化された作品で多く見られる『ベゼルカップ』と呼ばれる既製のマシンメイドパーツではなく、しっかりとハンドメイドで仕上げられています。
また、おそらくコインシルバー製だと思われ、くすんだシルバーの表情と少し摩耗して経年を感じさせる質感は、アンティークらしい味わいと素朴なハンドメイドの印象をさらに引き立てているようです。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。 当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。

【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。 ジュエリーでは、限界の無い幸福を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


こちらの作品も、フェイスのサンダーバードがキャッチーでアイコニックな造形ながら、アンティーク独特の重厚な雰囲気も感じさせ、その長い年月を経た質感によって大人向けのアイテムに昇華されていると思います。また、ハンドメイドの味わい深い表情を持ち、アーシーでナチュラルな指馴染みの良い雰囲気を持つアンティークリングです。

女性に向いたとても小さいサイズのピースですが、男性のピンキーリングにもお使いいただけると思われ、男性のスタイルには『遊び心』と『ギャップ』を与えてくれるアイテムであり、さり気なくスタイルに奥行きをもたらすことが出来るビンテージリングです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションは、全体に経年・着用による摩耗が確認できますが、とくにダメージは無く着用に不安のない状態です。
PRICE:
26,400HOLD 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 7~8号   円周 約 47.8㎜   us 4.5
正面幅 約 16.9㎜
MATERIAL:
Silver (probably Coin Silver 900), Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ