HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF003655

Antique 卍 Stamped Arrow Shape Silver Small Ring c.1930

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルや【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーと呼ばれる、20世紀前半頃にアメリカ中西部の観光客向けにスーベニアアイテム(土産物)として制作されたピースの一つ。アローが指に巻き付くデザインに【卍】Whirling Log/Nohokos等のスタンプが刻まれたとても小さなアンティーク/ビンテージリングです。

1930年代~1940年代初頭頃のピースと思われ、インディアンジュエリーにおけるモチーフの中でも最も古くから用いられているデザインの一つであるアローモチーフのピース。ナローな幅と控えめなボリューム感の作品ながら、とてもバランスが良く秀逸なデザインのリングです。アローのシェイプにカットされたシャンクが丸く指に巻き付くような造形になっており、サイド~バックには卍などのスタンプが力強く刻まれています。

アンティークナバホジュエリーのオーセンティックなスタイルを持ったリングであり、現代では【Cody Sanderson】コディ・サンダーソン等の古典インディアンジュエリーの伝統を受け継ぐ作家がこちらの様なスタイルの作品を制作しています。こちらのピースはツーリスト向けに制作されたアイテムですが、それらの源流の一つです。


【Arrow】アローは、インディアンジュエリーにおける最古のモチーフの一つで、『お守り』の意味合いを持っています。

卍 【Whirling Log】ワーリングログ(Swastika/スワスティカ)について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル『卍』は、ラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。 当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。 こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。


アローシェイプの鏃と矢頭が重なった造形は、キャッチーでインディアンジュエリーらしいデザインながら、センスの良い現代的な印象があり、普遍的な造形美を持ったリングです。とても小さなサイズと華奢なボリューム感は女性にお勧めですが、渋いシルバーの肌やナバホのトラディショナルなスタイルは重厚感があり、男性のピンキーリングとしてもお使いいただけると思われます。

◆着用サンプル画像(5枚)はこちら◆


コンディションは、全体に経年によるシルバーのクスミと摩耗が見られ、おそらく古いサイズ直しの痕跡も確認できます。しかしながらダメージはなく着用にあたって不安のないコンディションとなっています。
PRICE:
23,600 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 6~6.5号   円周 約 46.4㎜   us 4
正面幅 約 6.9㎜
MATERIAL:
Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ