HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPF006560N

Atq Navajo Repouse/Stamped T-bird Pin in Ingot Silver c.1930

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、インゴットシルバー(銀塊)から成形されたサンダーバードシェイプに、シェルコンチョのリポウズ/バンプアウトやファイルワーク・スタンプワークを駆使して仕上げられた作品。比較的シンプルに構成されたスタンプワークと質の高いシルバーワークが特徴的なアンティーク/ビンテージピンブローチです。

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる、20世紀前半のサウスウエスト観光産業の隆盛に合わせて作られた作品の一つと思われますが、全ての工程が丁寧なハンドメイドで仕上げられています。ツーリストジュエリーのため、ある程度の数は制作されているはずですが、生産に機械化や分業化が導入されたスーベニアジュエリーとは一線を画し、それらを量産化したメーカー/マニュファクチャーがデザインソースとした『オリジナル』作品の一つです。

本作も1920年代後半~1940年代頃のピースと思われ、ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる観光客向けに作られたピースを代表するようなサンダーバードモチーフの作品です。しかしながら、シルバーの厚みや細部のディテール、デザインセンスなど色々な部分で多くのツーリストジュエリーとは異なったクオリティ・スペシャリティを持つ作品となっています。

インゴットシルバー(銀塊)からハンマーワークと、機械によるプレスではなく手作業によりサンダーバードのシェイプにカッティングされた地金に、細かなスタンプとファイルワークと言う削る技法によってサンダーバードの細部が描き出されています。特に翼に彫り込まれたファイルワークによる深く立体的なラインが翼の躍動感と奥行きを生み出しており、このようなシルバーワークもある程度厚みのある地金により実現しています。センターには、鏨(鉄製の金型ツール)の凸と凹を用いシルバーを叩きだすことで立体的な凹凸を作るリポウズ/バンプアウトと呼ばれる技術により貝殻を起源に持つ造形が施されており、立体的で豊かな表情が与えられています。また、翼は少しハンマーワークによって打ち出され、立体的で柔らかいアール/曲面に仕上げられており、フラットなシェイプよりも美しく、力強いスタンプワークと共に存在感のある造形を作り上げています。

こちらのようなアイテムは、1920年にコロラド州ガーデンオブザゴッズで始めた観光客向けのインディアンアートショップ【GARDEN OF THE GODS TRADING POST】ガーデンオブザゴッズトレーディングポストや、1915年に、もとは法律家だった【Julius Gans】ユリウス・ガンズによってニューメキシコ州サンタフェで創業し、その後当地でも最大級の店に成長した【Ganscraft】=【Julius Gans Southwestern Arts and Crafts】ガンズクラフト社、その他の古くからの伝統を重視する各地のトレーディングポスト等で制作されていましたが、こちらにはショップマークやホールマークは入らず詳細は不明となっています。


モチーフの【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。
ジュエリーでは『限界の無い幸福』を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


【Ingot Silver】インゴットシルバー(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位などの素材とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、材料として市販されているシルバープレート(銀板/ゲージ)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで圧力をかけて伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやワイヤーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


こちらの作品もすべてのディテールがプリミティブでオールドナバホジュエリー独特の技術で作り上げられています。その為、武骨なシルバーワークとサンダーバードというキャッチーなモチーフとのコントラストやギャップも楽しめる作品であり、アイコニックなモチーフは、男性向けのアクセサリーには重要な要素である『遊び心』を与えてくれるアイテムです。
また、こちらのようなピンはアウターのアクセントととして、ラペルや襟等にもフィットしますし、ハット等のワンポイントにも使い勝手の良いピースで、アンティークツーリストジュエリーらしさと共に、重厚で丁寧なシルバーワークによる迫力も持っている為、チープな印象を作らず大人向けのアイテムとなっています。

ツーリストジュエリーとして作られた作品ながら、類似した造形スタイルの作品群の中では比較的シンプルでクリーンに仕上げられた個体。細部には作者や工房のオリジナリティを宿し、とてもコレクタブルなキラーピースとなっています。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションも良好ですが、ニードルパーツには歪みが有り、ヒンジ部分にリペアが確認できます。使用には全く問題がない為、そのままの状態でご紹介しています。その他、ハンドメイド特有の制作上のムラ等は見られますが、使用感は少なく大変良好なコンディションです。
PRICE:
29,700 円(税込)
SIZE:
縦 約1.7㎝   横 約6.3㎝   
MATERIAL:
Ingot Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ