HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPO0015640

Atq Navajo Stamped Ingot Slv Pin&Top w/Gem Turquoise c.1940~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、伝統的で武骨なシルバーワークで形作られていながら、非常に美しいターコイズがマウントされ、荒々しくも手の込んだシルバーワークで仕上げられることにより、独特な上質感とオリジナリティを持つビンテージ/アンティークピンブローチです。
また本作は、ペンダントトップとしても使用できるバチカンパーツを備え、2WAYで使用可能な作品となっています。画像で使用しているレザーレース(ウォーターバッファローレザー)が付属となります。

本作には、ホールマーク(作者のサイン)等が刻印されていない為、正確に作者や背景を特定することは出来ませんが、独特なシェイプや造形スタイル等からは『U.S.NAVAJO』の刻印で知られる【Indian Arts & Crafts Board】(IACB)の認証を受けたトレーディングポストやインディアンスクールの彫金クラス、又は【The Navajo Arts & Crafts Guild】 (NACG)=通称『ナバホギルド』で制作された物と推測される作品です。

1930年代末~1950年代頃の作品で、インゴットシルバー(銀塊)より成形された地金は、オーセンティックなオーバルシェイプに造形されています。その中央には、非常に美しいハイグレードターコイズがマウントされ、シンプルながらエスニシティな魅力を帯び、ターコイズの質を際立たせるデザインとなっています。また、その石を留めるベゼル(覆輪)には、非常に細かな刻みが施されたハンドメイドのノッチドベゼルが採用されており、現在では殆どが既製品となっているベゼルパーツまでハンドメイドで作り上げられています。
そして、石の上下には深くライン模様が刻まれ、左右にはスタンプによって剣菱の様な文様が刻まれる事で、石を中心としたバースト(放射状)デザインが完成しています。さらに、オーバルシェイプのエッジもスタンプワークのデザインに呼応した細かなカッティングとファイルワークが施されており、粗暴ながら細部まで拘り抜かれたシルバーワークによって形作られた作品となっています。

また、全体に柔らかなアールがつけられていることで、独特な上質感や立体的な迫力が与えられています。これは、木(丸太)やレッド(鉛の塊)に施された凹みに、地金となるシルバーをハンマーで叩き沿わせることによってドーム状の膨らみを作り上げており、非常に細かく何度もタガネで叩き沿わせる高度なハンマーワークで成形されています。

ナバホジュエリーのトラディショナルな技術と、ナバホギルドが目指した「プリミティブな伝統を守りながらモダンで洗練されたジュエリー」という美意識を踏襲した作品であり、ターコイズの質を含めスペシャリティを持ったピースとなっています。

マウントされたターコイズは、強い透明感を持つブルー~グリーンのグラデーションを基調とし、一部にはゴールドウェブやブラウンのウェブが入る深遠な奥行きを持った石となっています。【Blue Gem Turquoise】ブルージェムターコイズや【Calico Lake Turquoise】キャリコレイクターコイズ、【Fox Turquoise】フォックスターコイズ等が想起されますが、鉱山を特定するのは困難です。
とても強い透明感と艶は高い硬度を感じさせ、古い作品でありながら非常に良いコンディションを保っています。もちろんナチュラル無添加ターコイズであり、鉱山は特定できませんがとても質の高いジェムクオリティターコイズとなっています。


【Indian Arts & Crafts Board】(IACB)は、【The United Indian Trader’s Association】(UITA)等と共にインディアンアートの普及やクオリティーの保全、職人の地位向上等のために現地トレーディングポストやトレーダーによって1937年に組織されました。 中でもIndian Arts & Crafts Boardは、『U.S.NAVAJO』のスタンプを使うことで、アメリカ政府の公認を表した公的な意味合いを重視した組織です。
国としての歴史が浅く、自国独自のカルチャーやアートに乏しいと考えたアメリカ政府が、インディアンアート/クラフトをアメリカの誇る固有のアートとして世界的に認知させることがIACB発足の目的の一つであったようです。さらに、1930年代以降に隆盛した【BELL TRADING POST】や【Maisel's Indian Trading Post】、【Arrow Novelty】等の"Manufacturers"とされる量産化を推し進めたメーカーによるマスプロ品と、その製法や工程において正当なインディアンジュエリーであること等を差別化するために組織されました。上記のような現在『フレッド・ハービースタイル』と呼ばれるメーカーでは、ジュエリー等の製作に分業化や機械化を進め、結果的にインディアンジュエリー作家の独立や生計を圧迫しました。 そのため、古くからインディアン達と密接に付き合い、インディアンアート/クラフトを扱うトレーディングポストやトレーダー、さらにはインディアンアーティスト自身たちによって、量産化を図るメーカーに対する対抗策が講じられました。Indian Arts & Crafts Boardもその中の一つで、サンタフェの人類学研究所キュレーターである【Kenneth Chapman】ケネス・チャップマンと、フォートウィンゲート及びサンタフェインディアンスクールで彫金クラスを受け持つナバホの巨匠【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)の二人によって、その素材から製法・仕上げに至るまで『U.S.NAVAJO』の刻印を許可する厳しいガイドラインが設定されました。
前述の様に末尾のナンバーはそれぞれトレーディングポストや工房を表しています。
現在、判明しているナンバーは・・・
U.S.NAVAJO 1 =Gallup Mercantile
U.S.ZUNI 1 & U.S.NAVAJO 2 = C. G. Wallace Trading Post 等があります。
また、末尾の数字が二桁(20~60、70はナバホギルド)のものはアメリカ中西部に点在している政府が運営するインディアンスクールの彫金クラスで制作されたピースになります。
本作に類似した造形スタイルの作品は、20~70の二桁の番号が刻印された作品で幾つか発見されています。


【The Navajo Arts & Crafts Guild】(NACG) ※以下ナバホギルドも【U.S.NAVAJO】/【Indian Arts & Crafts Board】と同様の理由により、現地トレーディングポストや作家たちの手によって組織されました。
中でもナバホギルドは、UITA等に比べナバホの職人主導で組織された団体で、大巨匠であるナバホのシルバースミス【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)が代表を務め、後進の育成や伝統的な技術の伝承、インディアンジュエリーのさらなる普及などを目的に1941年にギルドとして発足しました。明確にはなっていませんが、U.S.NAVAJO/Indian Arts & Crafts Boardが1937年~1940年代の初め頃までしか見られないのも、どちらの組織においても重要な役割を担っていたAmbrose Roanhorseが、Navajo Guild/The Navajo Arts & Crafts Guildに注力したためではないかと考えられます。
ナバホギルドによる作品のスタイルは特徴的で、Ambrose Roanhorseの意図が強く働いた影響のためか、インゴットから作られたベースに、クリーンで構築的なスタンプワークをメインとしたデザインと、昔ながらのキャストワークによるピースが多く、どちらも回顧主義的なオールドスタイルでありながら、洗練された美しい作品が多く制作されました。

また、もう一つの特徴はその構成メンバーです。当時から有名で最高の技術を究めた作家が名を連ねています。
【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイ、【Mark Chee】マーク・チー、【Austin Wilson】オースティン・ウィルソン、【Allan Kee】アレン・キー、【Ivan Kee】アイバン・キー、【Jack Adakai】ジャック・アダカイ、【Billy Goodluck】ビリー・グッドラック等、さらに、Ambrose Roanhorseの教え子の一人であるホピ族の【Louis Lomay】ルイス・ロメイもナバホギルドのメンバーだったようです。
さらに特筆すべきは、これだけ有名作家が揃っていながら【NAVAJO GUILD】のジュエリーとして制作されるものは、個人のホールマーク(署名/サイン)が認められていませんでした。そのため、1941年の発足から1940年代の半ばごろまでは、まったくホールマークなどが記載されていないか、『U.S.NAVAJO 70』が用いられています。その後、諸説ありますが1940年代後半頃からは、【NAVAJO】の文字と【Horned Moon】と呼ばれるホールマークが刻印されるようになりました。

ナバホギルドの代表を務めた【Ambrose Roanhorse】は後進の育成にも熱心な作家で、1930年代からサンタフェのインディアンスクールで彫金クラスを受け持っており、多くの教え子を持っていました。古い年代の伝統技術を重んじた作品を多く残し、独特の造形美や完成された技術は次世代に絶大な影響を与えた人物です。

現代では、ナバホのトップアーティストである【McKee Platero】マッキー・プラテロ氏等がこちらの作品のようなAmbrose Roanhorseやナバホギルドが生み出した「古典作品(技術)をベースにモダンで完成されたジュエリー」の影響を強く受けていると思われます。特に初期のMcKee Plateroの作品では、こちらと同じようなシンプルで簡潔なスタンプワークとファイルワークのみで構成されたピースが散見されます。
それらをベースにさらに自身の思想や美意識を反映させ、高い次元へと作品を昇華させたマッキー・プラテロ氏は、日本の伝統継承で云う『守・破・離』を体現し、ナバホジュエリーをアートピースに押し上げています。

本作も伝統的な製法/技術が踏襲された丁寧で美しいシルバーワークと独特な造形美が堪能できる作品であり、シルバーのみで構成されたシンプルな造形の中に、Ambrose Roanhorseが目指した「プリミティブな伝統を守りながらモダンで洗練されたジュエリー」という美意識や世界観が凝縮された秀作となっています。
また、正確な背景は不明ですが、やはり本作もAmbrose Roanhorseの影響下で作られた可能性が高い作品です。


【Ingot Silver】インゴットシルバー(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位などの素材とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、材料として市販されているシルバープレート(銀板/ゲージ)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで叩き伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやバーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


本作も、インゴットシルバー(銀塊)から成形されたシルバーの質感やハンマーワークによる膨らみ、そして荒々しくも味わい深いハンドメイドの表情により、シンプルなデザインでありながらどこか有機的でエスニシティな印象が感じられるる作品となっています。

また、バランスの取れたボリューム感やセンスの良い造形デザインにより、ネックレスのトップとしてもピンブローチとしても多くのスタイルに馴染みやすく性別を問わずフィットさせることが出来る作品です。アウターのアクセントとしてラペルや襟等にもフィットしますし、ハット等のワンポイント等にも使い勝手の良いピースだと思われます。

力強くプリミティブなシルバーワークに、上質なターコイズがとても映え、魅惑的な雰囲気を漂わせるピン/トップです。上質な石を含めとてもコレクタブルでトレジャーハントプライスな作品の一つとなっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションも良好です。多少のクスミや小キズ、ハンドメイド作品特有の制作上のムラ等は見られますが、特にダメージなどはありません。ターコイズも長い時間を経ていながら、現在もハイグロスと透明感を保っています。
PRICE:
38,500 円(税込)
SIZE:
縦 約3.2㎝   横 約5.4㎝  レザーレース 約 90㎝~100.0㎝程度

  ターコイズ 縦 約11.8㎜  横 約13.6㎜
MATERIAL:
Silver, Gem Quality Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ