HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRC003411

【Clendon Pete】 Navajo Diamond Stamped Chiseled Ring JP20

【NAVAJO】ナバホの作家【Clendon Pete】クレンドン・ピートの作品で、ナバホの伝統的な技術を駆使しながらも新しい表情を持ち、シンプルで現代的な印象に仕上げられた当店オリジナルオーダーのリングです。

12ゲージ(2.03㎜)のシルバープレートをベースにして、中央には連続したダイヤモンドシェイプを刻むスタンプワークが施されており、その上下にはスタンプの形状に合わせて『チェイシング/Chasing』と呼ばれる鏨を使いシルバーに立体的な角度を付ける(彫刻の様なイメージ)技術により、スタッズの様な美しい凹凸が築かれることで構成されたリングです。さらに、ファイルワークという鑢で削ることでエッジーでシャープな造形が生み出されています。
また、リングの全面に連続してスタンプワークとチェイシングが施されたデザインですが、ロウ付けされた繋ぎ目も非常に分かりにくく作られており、ハンドメイドジュエリーらしい武骨さもありますが、大変素晴らしい完成度を持ったリングに仕上げられています。


【Clendon Pete】クレンドン・ピートは、1977年生まれでナバホのジュエラーとしてはまだまだ若手と言われますが、そのキャリアは休止期間も含めるとすでに30年に至り、年齢にそぐわない成熟した技術と経験を身に付けたシルバースミスです。師を持たず、ほとんど独学でシルバーワークを学びましたが、従弟である【Wilson Jim】ウィルソン・ジム(1949-)と【Thomas Jim】トーマス・ジム(1955-)の兄弟や、元義弟である【Norman Bia】ノーマン・バイア(1972-)の影響を受けており、現在でもジュエリー制作の技術や製法について相談することがあるそうです。
インゴットシルバー(銀塊)ではなくシルバープレート/ゲージを使用して制作していますが、スタンプなどのツールはほぼすべて自身が制作したオリジナルツールを用いており、現代作家の中でもスタンプ(鏨)のクオリティーが高く、繊細な力加減が必要なハンマーワークも突出した技術を持つ作家です。
また、アンティーク作品にも造詣が深く、ナバホのトラディショナルなスタイルをベースとしており、近年まではナバホのベテランアーティスト【Thomas Curtis】トーマス・カーティスや【Ernie Lister】アーニー・リスター、【McKee Platero】マッキー・プラテロ、 【Perry Shorty】ペリー・ショーティー等の影響を感じさせるピースを多く制作していましたが、現在はナバホの伝統的スタイルを守りながらオリジナリティーの強い作品も制作しています。
物静かで職人らしい人物であり、スタンプワークやハンマーワークを極めんとする姿勢等、日米双方で将来がとても期待されるアーティストでもあります。当店で取扱いを始めてからは日が浅いですが、長くお付き合いいただいている作家の一人です。


当店では数少ないコンテンポラリー(現代作家)のピースですが、ナバホの伝統的な技術を踏襲しながら高い技術で作り上げられ、シンプルな作品ながら上質感とモダンで洗練された印象を持ったリングです。
クレンドン・ピートらしいクリーンかつワイルドな表情を持ち、構築的な造形と指に馴染みの良いシェイプ、さらに比較的控えめなボリューム感は、多くのスタイルにフィットする秀逸な作品です。

現代的で無駄のないデザイン/造形は普遍的な造形美と完成度を持ち、長年にわたってご愛用いただける作品です。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


新品・未使用品。 ハンドメイドによる造形ですので、僅かな制作上のムラ等が見られます。
PRICE:
35,200 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 20号   円周 約 60.8㎜   us 10
正面幅 約 8.5㎜
MATERIAL:
Sterling Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ