HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JRO010019

【Fred Thompson】 Navajo Vintage Ring w/Square TQ c.1970

ナバホの巨匠【Fred Thompson】フレッド・トンプソンの1970年代ごろ作品で、スクエアカットのターコイズが施されたリングです。


【Fred Thompson】 フレッド・トンプソンは、1920年代初頭に生まれ、10代の中頃(1930年代中頃)にはニューメキシコ州ギャラップに今も現存するトレーディングポスト【TOBE TURPEN'S TRADING POST】トーブ・トーペン(現Perry Null Trading)でシルバージュエリーの制作に携わっていたようです。若いころから卓越した技術を身に付け、ナバホのトラディショナルなスタイルの作品を残しました。また、TOBE TURPEN'Sは古くから多くのシルバースミスの作品を扱うトレーディングポストであり、現在も同様のスタイルを守り続ける有名店ですが、Fred Thompsonの作品以外にショップのホールマークである『TT』の刻印を見ることはありません。それは、同氏が所属アーティストとして特別な存在であったことを推測させます。
1960年代末~1970年代頭頃には、TOBE TURPEN'Sから独立してギャラップの少し西にあるチャーチロックという小さな町で自身の店を持っていたようです。また、非常に多くのシルバースミスを指導したことでも有名であり、後進のシルバースミスに多大な影響を与えた作家の一人です。
アメリカの偉大な画家である【R. Brownell McGrew】(1916–1994)は、インディアンの肖像なども多く描き、インディアンジュエリーのコレクターとしても非常に有名な人物ですが、現存している自身のポートレートでFred Thompsonが制作したブレスレットを身に付けています。
さらに、UITA6=Borrego Pass Trading Postと共に氏のホールマークが刻まれた作品なども発見されています。

ナバホのオールドスタイルとハイグレードなターコイズを用いた作品を多く残したことで評価の高いFred Thompsonですが、製作したジュエリーのスタイルは幅が広く、創造性も高かった作家だと思います。また、現代ではトラディショナル/オールドスタイルと呼ばれるようなデザイン/造形のいくつかは氏が生み出した、もしくは確立したスタイルだと推測され、多くの教え子がシルバーワークの技術とともにそれらのデザインスタイルやディテールを受け継いだ結果、氏の制作したスタイル自体がナバホのオールドスタイルと呼ばれるようになったと思われます。

残念ながらFred Thompsonは1980年代末~1990年代初頭には引退し、2002年に亡くなられています。


こちらも作家の確かな技術に裏付けられた作品で立体的でスクエアにカットされたターコイズが美しい作品です。


コンディションも良好。
NORMAL PRICE:
71,400 円(税込)
PRICE:
39,270 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 17号   円周 約 57.6㎜   us 8
正面幅 約 33.9㎜
MATERIAL:
Unknown Turquoise、Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ