HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO022278

【Fred Thompson】 Vintage Wide Cuff Bracelet w/Huge TQ c.1955~

【NAVAJO】ナバホの巨匠 【Fred Thompson】フレッド・トンプソン(1921or1922-2002)の作品で、大変大きく高さのあるターコイズがセットされたスペシャルなボリューム感を持ったビンテージバングルです。

4本のハーフラウンドワイヤーを大きく曲げることによってベースにしたバンド/地金に、大きく迫力のあるターコイズが上下に2つセットされ、サイドには同作者が好んだ柔らかなアールを持つ有機的なデザインのアップリケ/パッチワークが配されています。ターコイズのベゼルは、ターコイズの複雑なシェイプに非常に美しくフィットし、隙間なく石と一体化するようなシルバーワークとなっています。また、片側のベゼルにはツイステッドワイヤーが施され、左右4か所のアップリケは柔らかなアールを描きながら石の上に重なる様に造形されています。さらに、それぞれのアップリケに刻まれたスタンプも素晴らしいクオリティーを持ち、フレッド・トンプソンという名工の高い技術力を感じることが出来るディテールとなっています。それらは、古くから伝わるナバホジュエリーの伝統的な技法を応用したシルバーワークで構成されていますが、卓越した造形センスと、技術力によって特別な上質感が与えられています。それは、全体のフォルムの美しさをも生み出し、こちらの様にとても大きいボリューム感を持つ作品でありながら品位をもたらしています。

内側にはFred Thompson個人のホールマーク『~』と共に『TT』の刻印が施されています。『TT』は、同作者が長く所属した【TOBE TURPEN'S TRADING POST】トーブ・トーペン トレーディングポスト(現Perry Null Trading)を表しています。また、これらのホールマークからこちらの作品が1950年代後半~1960年代末頃までに作られたピースと判断できます。

セットされたターコイズは、高い透明感を持ち柔らかなグリーンのグラデーションにワイルドなマトリックスが入る迫力のある石で、おそらく【Royston Turquoise】ロイストンターコイズと思われます。現在もハイグロスを保ち、優しいトーンの色味ながら煌きを失っていません。
【Fox Turquoise】フォックスターコイズや、【Burnham Turquoise】バーナムターコイズでも似た特徴を持つ石が産出しており、断定することは出来ませんが、ロイストンの可能性が高いと思われます。

【Royston Turquoise】ロイストン鉱山は大変歴史のあるネバダ州の鉱山の一つで、とても特徴的な2トーンの色味を持つ石を産出し、その色味や質のバラエティーは非常に幅広く産出しています。また、古くはティファニー社がその作品に使ったことでも知られています。


【Fred Thompson】 フレッド・トンプソンは、1920年代初頭に生まれ、10代の中頃(1930年代中頃)にはニューメキシコ州ギャラップに今も現存するトレーディングポスト【TOBE TURPEN'S TRADING POST】トーブ・トーペン(現Perry Null Trading)でシルバージュエリーの制作に携わっていたようです。
若いころから卓越した技術を身に付け、ナバホのトラディショナルなスタイルの作品を残しました。また、TOBE TURPEN'Sは古くから多くのシルバースミスの作品を扱うトレーディングポストであり、現在も同様のスタイルを守り続ける有名店ですが、Fred Thompsonの作品以外にショップのホールマークである『TT』の刻印を見ることはありません。それは、同氏が所属アーティストとして特別な存在であったことを推測させます。
1960年代末~1970年代頭頃には、TOBE TURPEN'Sから独立してギャラップの少し西にあるチャーチロックという小さな町で自身の店を持っていたようです。また、非常に多くのシルバースミスを指導したことでも有名であり、後進のシルバースミスに多大な影響を与えた作家の一人です。
アメリカの偉大な画家である【R. Brownell McGrew】(1916–1994)は、インディアンの肖像なども多く描き、インディアンジュエリーのコレクターとしても非常に有名な人物ですが、現存している自身のポートレートでFred Thompsonが制作したブレスレットを身に付けています。さらに、UITA6=Borrego Pass Trading Postと共にFred Thompsonのホールマークが刻まれた作品も発見されています。


ナバホの伝統を重視したオールドスタイルと、ハイグレードなターコイズを用いた作品を多く残したことで評価の高いフレッド・トンプソンですが、製作したジュエリーのスタイルは幅が広く、創造性も高かった作家だと思います。また、現代ではトラディショナル/オールドスタイルと呼ばれるようなデザイン/造形のいくつかは氏が生み出した、もしくは確立したスタイルだと思われ、多くの教え子がシルバーワークの技術とともにそれらのデザインスタイルやディテールを受け継いだ結果、氏の制作したスタイル自体がナバホのオールドスタイルと呼ばれるようになりました。
残念ながらFred Thompsonは1980年代末~1990年代初頭には引退し、2002年に亡くなられています。


こちらの様に非常に大きく特別なボリューム感を持ったブレスレットは、当店ではほとんど扱っていませんが、1960年代末~1970年代にかけては、アメリカでのフラワームーブメント等の影響を受けて多数の作品が制作されています。ただし、それらの多くの作品とは比較にならないシルバーワークの完成度と造形センスの熟成度を感じさせる仕上がりとなっています。

また、特別な大きさを持つ作品でありスタイルの要となる存在感と迫力を持っていますが、優れたバランスによって腕に対するフィット感/装着感も素晴らしいバングルです。

クラシックで完成されたデザインや素晴らしいターコイズなどを含め、非常にハイエンドなピース。 ミッドセンチュリー期に活躍した最高峰の作家の一人であるFred Thompsonの作品であり、史料価値も高いビンテージジュエリーです。

全体に柔らかな曲線で構成されており、ナチュラルで有機的な印象を作っていますが、ナバホジュエリーの力強さも感じさせ、おそらく個人が持ち込んだターコイズに合わせてオーダーメイドされたと推測される希少価値も高い作品です。

◆着用サンプル画像(8枚)はこちら◆


コンディションは、全体に少しクスミが見られる程度で使用感少なく良好なコンディションです。
ターコイズも石の動きやクラック等のダメージは無く、母岩部分には多少の凹凸が見られますが現在も艶のあるとても良い状態を保っています。
PRICE:
242,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ M - L 程度。
レディースサイズ L - XXL 程度
※非常に幅が広いので手首の動きを制限し、特殊なフィット感になります。

内径最大幅 約62.4㎜    正面幅(高さ) 約85.3㎜
内周 約142㎜    開口部 約28㎜
Inside Measurement 5 5/8inch   opening 1 1/8 inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。Mサイズ以上、XLサイズ以下の男性、Lサイズ以上の女性であればフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。 ※また、当店ではサイズやイメージの違い等、理由を問わず作品をお受け取り後の返品・交換が可能です。こちらの様な特殊なサイズ感を持つ作品では、サイズをご確認後に再検討いただくことが可能です。条件等詳しくはSHOPPING GUIDEをご参照ください。
MATERIAL:
Silver, Turquoise
        約170.2g
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ