HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO004359

【Wolf-Robe】Vintage Narrow TriangleWire Cuff Bracelet c.1940~

【ACOMA】アコマプエブロの巨匠3兄弟【Hunt Brothers】の中でも最も秀逸な作品を残している次男【Wayne Henry "Wolf-Robe" Hunt】ウェイン ヘンリー『ウルフ ローブ』ハント(c.1902-1977)】(以下Wolf-Robe)の作品。ナローな幅のトライアングルワイヤー(竜骨型)をベースにスタンプワークが刻まれたオーセンティックなピースですが、どこか同作者らしい特徴を備えたアンティークトライアングルバングルです。

1940年代~1950年代のピースと思われます。 おそらくインゴット(銀塊)から成形されたトライアングルワイヤーに力強いスタンプワークが施され、ナローな幅ですが、重厚な雰囲気とクラシックな印象を持ったバングルとなっています。また、それらの紋様を刻んでいるスタンプ(鏨)ツール自体もナバホジュエリーの伝統的なスタイルを継承していますが、その高いクオリティや完成した表情にはアコマプエブロ出身であるウルフ・ローブの独自性も感じさせます。
内側には『Wolf-Robe』のホールマーク(サイン)が刻印されています。


【Wayne Henry "Wolf-Robe" Hunt】ウェイン ヘンリー ”ウルフ ローブ” ハントは、アコマ プエブロの巨匠として知られ、インディアン自身で店を経営した初めての作家である【Clyde Hunt】(c.1900-1972)を兄に持ち、その兄を師として、とても若い時期からシルバースミスとしてのキャリアをスタートしたようです。 1930年代にはアルバカーキに在住し、多くのショーを受賞しながらハイスクールにも通っていた記録が残っています。その後、オクラホマ州タルサに近いカトゥーサにて【CATOOSA Indian Trading Post】を経営しました。
そして、BELL TRADING POSTでシルバースミスとして働きながらそのデザインにも携わった弟の【Wilbert Hunt】(c.1906-2007)と合わせた3兄弟は、『Hunt Brothers』と呼ばれました。彼ら兄弟の中でもホールマーク(作家のサイン)を使用し、多くの秀作を残したのがWolf-Robeであり、ナバホの偉大な作家【Fred Peshlakai】フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)等と同時期に『作家』としてインディアンジュエリーを制作した最初期の人物の一人です。
また当時、共に仕事をしたアコマの作家の子孫には、2018年に惜しまれつつ引退した【Greg Lewis】グレッグ・ルイス、その息子である【Dyaami E Lewis】ディアミ・ルイスがおり、その技術やスタイルは現代にも受け継がれています。


ツーリストスタイルの作品も多く残していますが、もちろん全てハンドメイドで制作され、こちらの様にオーセンティックでトラディショナルでありながら独自性を感じさせるデザイン/造形もウルフ ローブの特徴です。 

アンティークインディアンジュエリー特有の質感と奥行きとを持ち、伝統的な製法やディテールで構成された造形は、エスニシティーな雰囲気も持っていますが、高い造形センスを感じさせるエッジーでシックな印象もあります。
また、現代においても秀逸でシンプルなデザインは多くのスタイルにフィットし、長年にわたってご愛用いただけるハイエンドなピースです。厚みがあり、控えめな幅は他のブレスレットとの重ね付けにも向いていますが、単独でも程よい存在感を放ちます。

Wolf-Robe/ウルフ・ローブという作家の希少性からも資料価値が高く、大変コレクタブルなアンティークジュエリーとなっています。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションも良好です。僅かなシルバーのクスミ等がみられ、ターミナル(両端)付近に一か所凹みが見られますが着用には支障なく、良好な状態を保っています。
PRICE:
47,500 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ ML - L 程度。

内径最大幅 約60.3㎜    正面幅(高さ) 約4.9㎜
内周 約142㎜    開口部 約26㎜
Inside Measurement 5 5/8inch   opening 1 1/16 inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。MLサイズ以上、XXLサイズ以下の男性であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Silver
        約12.9g
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ