HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JPF001084

Antique 卍 Stamped Silver Pin or Collar Ornament c.1920~

【NAVAJO】ナバホの1920年代~30年代頃までに作られたと思われるピンブローチ、または、カラーオーナメントと呼ばれる襟に飾るための作品と思われるピースです。
【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルを代表するモチーフの【卍】Swastikaがスタンプされた作品ですが、とても古いハンドスタンプなどからフレッド・ハービースタイルには属さない個体と推測されます。

【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルでは、キャッチーでポップな印象の作品が多くみられますが、こちらは全面に施されたスタンプワークやコインシルバーと思われる黒っぽいシルバーの表情など、重厚な印象を持つ作品です。 オーセンティックなスタンプが使われていますが、独特な構成により、武骨でヘリテイジ感のある印象が作られているようです。 
エッジのカッティング等もすべてハンドメイドにより丁寧に仕上げられた味わい深いピンブローチです。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。
当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。

また、こちらの様なピンブローチは多くのスタイルにフィットし、プリミティブな印象とインディアンジュエリー独特の力強いイメージを演出してくれます。
また、カラーやラペル以外にもハット、バッグ等、多くのアイテムと合わせることができ、良いアクセントになってくれると思います。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③


コンディションも良い個体で、シルバーにはクスミや僅かな擦れがありますが、ダメージ無く大変良好なコンディションです。
【逆卍】の入るピースは戦後もほとんど着用されずに保管されていることが多く、現存数はすくないですが、コンディションの良い個体が多いことも特徴の一つです。
PRICE:
0 円(税込)
SIZE:
縦 約1.5㎝   幅 約8.5㎝ 
MATERIAL:
Ingot Silver (probably Coin Silver 900)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ