HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JNO002073

Vintage Navajo Bench Made Silver Bead & Naja Necklace c.1960

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、非常に高いクオリティーを持つベンチメイドビーズで構成され、特別なデザインのパーツによってスカッシュブロッサムデザイン以上に美しくモダンな印象に仕上げられたアンティーク/ビンテージナジャネックレスです。

1960年代前後の作品と思われ、程よいボリューム感と素晴らしいシルバーワークのクオリティーを誇る作品。ターコイズが付かないシンプルでクリーンな印象を持っており、最大の特徴はシルバービーズに施されている左右のパーツです。ビンテージインディアンジュエリーにおいて、ナジャネックレス等のビーズネックレスでは左右に小さなチャーム(トップ)を連続して配するスタイルは古くからみられる伝統的なスタイルですが、その多くは『スカッシュブロッサム』や『コーンフラワー』モチーフのデザインであり、他にも『シルバーコイン』、『小さいサイズのナジャ』、『クロス』、『ボックスボー(リボン)』等が見られますが、こちらの様なモチーフは不明ながらシンプルで美しい造形を持つデザインは他に類を見ません。
これらのパーツは、キャスト(鋳物)で成形され立体的に流麗で秀逸な造形美を持っています。また、トップのナジャも非常に重厚に作られており、トライアングル型の断面を持ち、とてもシンプルながら洗練されたシェイプに造形されています。
それらが、現在ではほとんど見ることが出来ないベンチメイド(ハンドメイド)による重厚なシルバービーズと組み合わされて構成された作品で、細部まで丁寧に仕上げられた確かな技術と高いセンスを感じることのできる作品です。こちらのような完全なハンドメイドのビーズは、材料の加工からの全ての工程を手作業により作り上げられており、コンチョを作るような手法で半球体を制作し、それらを二つロウ付けすることでビーズに成形しています。
シルバービーズとナジャを合わせた総重量は<約153g>と重厚で、ハイエンドなベンチメイド(ハンドメイド)ビーズは美しく、なめらかで上質感のある質感に仕上げられています。
また、裏面に配されたバチカンはフックタイプになっており、他のネックレスに付け替えも可能です。

ホールマーク(作者のサイン)などが見られず作者は不明ですが、このようなナジャの造形やクリーンでモダンなデザインとシルバーワークのクオリティーは、ナバホギルドの代表を務めた巨匠【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)を想起させます。


【Naja】ナジャはもともと馬蹄をもとにしたデザインですが、インディアンアートにおいては子宮を表すモチーフとして用いられ、大地や自然と子孫繁栄、それに女性を称賛する意味合いが込められているそうです。


ナジャトップは存在感のあるサイズですが、全てを含めたボリューム感は程よく、ネックレスとしても68.0㎝程度の使いやすい長さです。そのため多くのスタイルにフィットすると思われ、性別を問わずお使いいただけます。女性ではロングネックレスとして、男性の場合でも女性とは少し違った印象ながら十分な長さがあります。またターコイズが付かず、シェイプなどは1900年代初頭のミニマムで素朴なスタイルを踏襲しており、さり気なく多くのスタイルに馴染みやすいネックレスです。

古い製法を守って作られたビンテージインディアンジュエリーながら、素晴らしい造形センスをもち、エレガントささえも感じさせるピースです。オーセンティックで骨太なナバホスタイルを高い技術と造形センスによってクリーンで無駄のない作品に仕立てられています。
この様なピースは、アメリカ国内でも市場に出にくくなかなか出会うことのできないジュエリーです。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションも大変良好です。シルバーには多少のクスミ等が見られますが、特にダメージは無く良好な状態を保っています。
また、ビーズワイヤー(フォックステイルワイヤー/チェーン)は当店で交換済みとなっております。
PRICE:
210,000 円(税込)
SIZE:
ナジャトップ 実寸   縦 約5.6㎝   横 約5.8㎝ 
ネックレス 全長 約67.5㎝~68.5㎝程度
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ