HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO012685

Antique Navajo High Grade Lone Mt. Turquoise Ring c1940~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、秀逸なシルバーワークに素晴らしいクオリティーのローンマウンテンターコイズがセットされたハイエンドなアンティーク/ビンテージリングです。

※こちらは、画像にある『JBO032684』と同じ作者による同デザイン/造形のピースであり、元々セットで発見されたアンティークジュエリーですが、バングルにはホールマーク(作者のサイン)が刻印されていますが、こちらのリングにはホールマークが入りません。販売は2作品セットではなく、それぞれ単体での販売になっておりますのでご注意ください。

1940年代頃の作品と思われ、上記のバングルにはアローヘッドの中に『JP』とデザインされたホールマーク(作者のサイン)が刻印されていますが、残念ながら作者は不明となっています。デザイン/造形は、強く【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)を想起させるもので、セットされた石も同作者が原石を所有し作品に用いていたものと近いクオリティーのターコイズがセットされています。

おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形されたシャンクは3本にスプリットされており、センターに向かって幅とボリューム感を持たせたナバホのオールドスタイルを踏襲した造形スタイル。造形スタイル、ディテール共にバングルと共通したデザインでまとめられており、とても凝ったシルバーワークによる装飾が施されています。ターコイズベゼルには、ワイヤーワークと共に、ハンマーによってフラットに叩きなめされたツイステッドワイヤーが配されており、上下にはフラットなシェイプにした12個の小さなコンチョがアップリケ/パッチワークされています。さらに、シャンクとの間には小さなシェルコンチョが配され、リングとしてバランスの良い造形に仕上がっています。
大変手の込んだディテールにより高い完成度を持った作品であり、とても美しくハイグレードなターコイズを奥行きのあるシルバーワークによって際立たせているようです。

また、上記の様なデザインワークやディテールは、ナバホの伝統的な技術を踏襲したものではありますが、やはりFred Peshlakaiの影響を無視することは出来ないデザインワークと感じます。こちらと同じアローヘッドに『JP』のホールマークを持つ作品は過去に2点ほど発見していますが、どれもFred Peshlakaiの影響を感じさせる部分があり、Fred Peshlakaiが講師を務めた彫金クラスの教え子か、同氏が営んでいたショップで制作された作品とも推測されます。
ただし、シルバーワークに限定すると、他にも類似したスタイルや技術を持った作家は確認されています。1975年に行われたオークションで出品された【Charles Garrett Wallace】チャールズ・ガレット・ウォレス(1898-1993) の個人コレクションの中で紹介されている【Jerry Watson】ジェリー・ワトソンや、
ホピの巨匠である【Ralph Tawangyawma】ラルフ・タワンギャウマ(1894-1972)の作品でも少し似たディテールの作品が見つかっています。

セットされたターコイズは、非常に美しくハイグレードにグレーディングできるオールドローンマウンテンターコイズがセットされています。全体に摩耗や小傷は見られますがクラック等のダメージは無く、現在も硬度を感じさせる艶と美しく濃いブルーを保っています。とても濃く透明感のある青にローンマウンテンらしいスパイダーウェブが入り、ワイルドな表情と宝石としての煌きを持った北米最高峰のターコイズの一つです。とても複雑な景色を見せ、独特の深いブルーを湛える無添加ナチュラルのターコイズです。
経年と使用による摩耗があり、少しマットな質感になっていますので、再研磨/リポリッシュも検討できますが、今も宝石としてのグレードと変色/劣化のない美しい色を湛えています。


【Lone Mountain Turquoise】 ローンマウンテンターコイズは、ネバダ州のエスメラルダ郡にあり、北米4大ターコイズの一角です。長い歴史のある鉱山であり、1920年代後半から現在の『Lone Mountain』と言う名称になり、現在もわずかながら採掘されている鉱山です。
非常に硬度が高く、変色や劣化に強いターコイズとして知られ、採掘される原石はどんなに小さなものでもカットされ、そのほとんどがジュエリーに用いられました。 【Charles Loloma】チャールズ・ロロマや【Mark Chee】マーク・チー等も好んでジュエリーにしたターコイズです。
現在ではそのクオリティーと希少性からランダーブルーに次ぐ評価を受けており、こちらのようなサイズもある石はほとんど市場に出てきません。


アンティーク作品では非常に貴重なハイグレードターコイズがセットされた作品で、長い年月を経ていまだその輝きを失っていません。 また、経年による迫力と、素晴らしいクオリティーのターコイズによって美しくエレガントな印象も併せ持つ作品であり、13号程度のサイズですが、性別を問わずスタイリングしていただけ、多くのスタイルにフィットするリングです。
宝石としての価値を有するターコイズの表情は、フォーマルなシーンでも品格を損なわず、普遍的な造形美を持った非常にハイエンドな作品です。

また、ナバホ独特の武骨な雰囲気も持っていますが、流麗で細かなシルバーワークによってエレガントな印象に仕上げられた作品であり、どこか現代的でアーティーな魅力を宿しています。

当店では最もクオリティーの高いターコイズがセットされた作品の一つであり、非常に希少価値も高い作品です。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションは、古い作品のためシルバーには多少のクスミなどが見られますが、特にダメージはなく良好なコンディションです。ターコイズは、少しマットな質感になっていますので再研磨/リポリッシュも検討できますが、石の動きやクラック等のダメージは無く、現在も素晴らしい発色を保っています。
PRICE:
98,000 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12.5~13号  円周 約 53.3㎜    us 6.5
正面幅 約 27.7㎜
ターコイズサイズは 26.2㎜×14.6㎜ 程度
MATERIAL:
Silver(probably Ingot Silver), High Grade Lone Mountain Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ