HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO002618

【Johnnie Mike Begay】 Split Shank/Tracks style Ring c.1960

【NAVAJO】ナバホの巨匠【Johnnie Mike Begay】ジョニー・マイク・ビゲイ(19??-1976)の作品で、スプリットシャンクの造形を発展させることで、同作者が生み出したとされる造形スタイルのアンティーク/ビンテージリングです。

現代においては、【Tom Hawk】トム・ホークをはじめ、【Cody Sanderson】コディ・サンダーソンや【Francis Jones】フランシス・ジョーンズが同様のスタイルの作品を制作しており、『Tracks style』や『Railroad Tracks』、『Edge Plate』とも呼ばれています。それらのデザインソース/源流はナバホの古典期に近い時期まで遡ることが出来ますが、現在の完成された造形スタイルやディテールは、Johnnie Mike Begayの生み出したデザインであり、こちらはそのオリジナルピース。洗練されたセンスと素晴らしい技術力を感じさせるシルバーワークにより構成された作品です。

1960年代の作品と思われ、現在『Edge Plate/Tracks style』と呼ばれる作品の多くは、土台となっているシルバーシャンクに薄いプレート状のパーツをロウ付けしていくことで構成していますが、こちらはスプリットシャンクと呼ばれるシャンクを割り開く技法を発展させたディテールです。それは、分厚いプレーンなリングの厚みをカットして切り開き、裏面に別のプレートをロウ付けすることで造形しており、非常に多くの手間と高い技術力を必要とします。
厚いシャンクをスプリットし、垂直なブレード状にすることによってシャドーボックスとも共通した強い影(ブラック)が現れることが特徴で、大変オリジナリティーの強いデザインであり、このように洗練された完成度はJohnnie Mike Begayが生み出した独特のものです。


【Johnnie Mike Begay】ジョニー・マイク・ビゲイは、アリゾナ州スティームボードキャニオン付近で生まれたとされ、1910年代後半~20年代前半頃の生まれと思われますが、不明な点が多く謎の多い作家の一人です。兄にはナバホの非常に高名な作家である【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイ(1913?-1977)を持ち、兄からその技術を教授された後、アリゾナ州スコッツデールにあった【White Hogan】ホワイト ホーガンで共に働いていたようです。
ナバホのトラディショナルなスタンプワーク等をメインとした作品も制作したようですが、やはり兄や親族である【Allen Kee】アレン・キー(1916-1972)の得意としたスプリットバンドのバングルや、それらを発展させたこちらの様なスタイルを得意としたようで、さらに強いオリジナリティーを持つモダンな作品も散見されます。
1976年には、サンタフェインディアンマーケットで賞を受賞した記録が残っており、同年に亡くなられています。

【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイは、1913年(又は1914年)に生まれ、ナバホの偉大な作家【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイや、ナバホギルドの代表を務めた【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホースからその技術を学び、突出して成熟した技術をもった作家です。
インディアンジュエリーを次のステージに引き上げたKenneth Begayは、『ナバホモダンジュエリーの父』とも呼ばれ、ホピの巨匠【Charles Loloma】チャールズ・ロロマ(1921-1991)も尊敬する作家としてその名前を挙げるほどです。
また、後進の育成にも積極的に携わっており、Allen Keeやこちらの作者であるJohnnie Mike Begay等の親族以外にも多くのシルバースミスを育成したインディアンジュエリー界の偉人です。


Johnnie Mike Begayが生み出したこちらのデザイン/造形は、前述の様に現在でも多くの作家が制作を続けており、ナバホのトラディッショナルスタイルの一つになっています。また、こちらのようなスタイル以外にも同氏によるデザイン・ディテールを踏襲し受け継いた作品は数多く制作されています。

1960年代と言うモダンスタイル黎明期のピースであり、クリーンでエッジーな表情はエレガントでシックな印象ですが、製作工程や技術はナバホのオールドスタイルを踏襲しており、力強くナバホ独特の骨太なイメージも併せ持ったリングです。

あらゆるスタイルによく馴染み、フォーマルなスタイルにもフィットする作品。今見ても新鮮な造形美を持ち、現代作家も同様のデザインは制作していますが、それらの原型となったJohnnie Mike Begayによる作品であり、史料価値も高いハイエンドなピースです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションも非常に良く、僅かなシルバーのクスミは見られますが、使用感なく大変良好な状態です。
PRICE:
37,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12~12.5号   円周 約 52.7㎜   us 6.5
正面幅 約 10.3㎜
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ