HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JRF002805

Antique Crossed Arrows Stamped Thunderbird Patch Ring c.1930

【NAVAJO】ナバホの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる1910年代~1950年代当時に観光客向けに生産されたスーベニアアイテムの一つで、センターにクロスアローのスタンプワークが施されたサンダーバードがキャッチーな印象のアンティーク/ビンテージリングです。

1920年代後半~1930年代頃のピースと思われ、ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれるスーベニアアイテムを代表するようなサンダーバードモチーフの作品ですが、こちらの作品は全てハンドメイドで仕上げられていると思われます。
柔らかなカーブを描きフロントの幅が広くなったクラシックなシェイプのシャンク/地金をベースに、センターには少し可愛い雰囲気のあるサンダーバードがアップリケ/パッチワークされています。さらにサイド~ターミナルにもアローヘッド等のスタンプが配され、経年による摩耗と全体に施されたスタンプワークなどによって表情豊かなピースに仕上がっています。


モチーフの【Thunderbird】サンダーバードは、インディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。
ジュエリーでは『限界の無い幸福』を表し、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。
【Crossed Arrows】クロスアローは、 『フレンドシップ』『友情』を象徴しています。


ポップでキャッチーなデザインながら長い経年を経て、渋く全体に鞣されたような表情を持っています。またそれらによって、ビンテージインディアンジュエリーの独特な風格を増し、アーシーでナチュラルな指馴染みの良い雰囲気を作っているようです。可愛いサンダーバードモチーフも、そのアンティークの質感によって大人向けのアイテムに昇華されていると思います。

また、クラシックでバランスの良いシェイプと程よいサイズ感、アンティークインディアンジュエリー独特の味わいが感じられるツーリストジュエリーの良作だと思います。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションは、ある程度の使用感が見られシルバーには多少クスミや摩耗等が見られますが、特にダメージはなく良好な状態です。また、ハンドメイドによるアンティーク作品ですので、ロウ付けの跡等、制作上のムラ等が少し見られますが、リペア跡などはありません。
PRICE:
17,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 11~11.5号   円周 約 51.8㎜   us 6
正面幅 約 11.8㎜
MATERIAL:
Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ