HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO01873

Vintage Silver Overlay Buffalo/Bison Seal Ring c.1960~

【HOPI】ホピか【NAVAJO】ナバホの作品で、オーバーレイによってキャッチーな印象のBuffaloバッファロー(正しくはBison/バイソン)が描かれた印台型のビンテージリングです。

おそらく1960年代~1980年代の作品と思われ、具体的なモチーフがあしらわれたオーバーレイデザインのビンテージピースのため、ホピによるものかナバホのシルバースミスが制作した作品か断言できませんが、とてもキャッチーで独特のリラックス感があるリングです。 シールリングと呼ばれる印台型をベースにしており、それなりに重厚な造形にスタンプワークによる紋様も上手く組み合わされ、秀逸な作品に仕上がっています。
ツーリストジュエリーに属する作品と思われますが、サンダーバードやホースのモチーフに比べると珍しいピース。 現在制作されているような抽象化/図案化された紋様スタイルのホピジュエリーが持つエッジーで硬い印象はなく、ポップでアーシーなリングに仕上がっています。


【Overlay】オーバーレイと言う技法は、シルバーの板に描いたデザインを切り抜き、下地のシルバーの上に貼り付けることで立体的に絵柄を浮き出させる技法です。スタンプワークやカッティングと組み合わされた作品も見られ、完成度を高められたオーバーレイ技法を用いた美しいホピのジュエリーは、現代に至るまでに多くの傑作を残しています。
1930年代にホピの作家【Paul Saufkie】ポール・スフキー(1904-1998)によって生み出された技術で、40年代~50年代Harry Sakyesvaや同い年の作家【Allen Pooyouma】アレン・プーユウマ(1922-2014)、【Victor Coochwytewa】ヴィクター・クーチュワイテワ(1922-2011)等により、ホピの代表的なスタイルの一つとして定着させられました。


【Buffalo/Bison】バッファロー/バイソンは、アメリカでも『バッファロー』として広く知られていますが、正確にはアメリカバイソンを指します。現代のホピジュエリーでは多く見られるモチーフですが、ビンテージ作品では比較的珍しいモチーフで、元々インディアンにとっては獲物であり、大切な恵と考えられています。
古くは北米大陸に広く分布し、狩猟で生活するインディアン達にとっての糧となっていましたが、17世紀の白人の入植により乱獲されることになります。それは資源としてだけでなく娯楽としてのハンティング目的でも多くが射殺され、インディアンの生活の糧を奪うために規制されることもありませんでした。そのため、1800年代末頃には絶滅の危機を迎えることになり、現在も保護されている場所でしか見ることができません。
大柄なウシ科の動物でありとても迫力がありますが、温厚な性格を持っているそうです。


また、比較的希少なメンズサイズのピースで、クラシックなシールリングのシェイプは、クラシックなイメージを持っていますが、描かれている少し可愛いバッファローは、男性向けのアクセサリーに重要な要素である『ギャップ』と『遊び心』を与えてくれるアイテムであり、さり気なくスタイルに奥行きをもたらすことが出来るビンテージリングです。
ビンテージ感のある質感やシルバーのみで構成された素朴な表情もナチュラルで使いやすい作品です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは多少の使用感と細かなキズなどが見られますが、ダメージやリペアの跡などはなく、良好な状態を保っています。
PRICE:
18,400HOLD 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 22.5号   円周 約 63.1㎜   us 10.5
正面幅 約 22.4㎜
MATERIAL:
Starling Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ