HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JNO993067

Vintage Navajo Pearl & Turquoise Bead Necklace c.1965~

【PUEBLO】プエブロか【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリーで、造形/デザインや細かなディテール、シルバービーズ等から【Cochiti】コチティの巨匠【Joe H. Quintana】ジョー・キンタナ(1915-1991)の作品と推測されるベンチメイド(ハンドメイド)シルバービーズとターコイズビーズで構成された美しいネックレスです。

『Navajo Pearl/ナバホパール』とも呼ばれる大変美しいベンチメイドシルバービーズと、鉱山は特定できませんが、無添加ナチュラルのターコイズから作られたと推測される透明感のあるブルーグリーンターコイズのビーズによって構成された作品です。
1960年代後半以降に作られたピースと思われ、シルバービーズのサイズやクオリティー、ターコイズビーズと合わせて構成されたデザイン、さらにフックパーツに関連するディテールなど多くのポイントからJoe H. Quintanaの作品であることを示していますが、ホールマーク(サイン)は刻印されておらず、正確な作者を特定することは出来ません。

また、ナバホの伝統的なシルバービーズは現地において『Navajo Pearls/ナバホパール』(ナバホの真珠)と呼ばれることがありますが、まさにこちらの様なクオリティーと美しい仕上げによって作られたシルバービーズは、『Navajo Pearls』と呼ぶにふさわしい質と品位を持っています。現在では限られた作家しか作らないこちらのような完全なハンドメイドのビーズは、材料の加工からの全ての工程を手作業により作り上げられており、コンチョを作るような手法で半球体を制作し、それらを二つロウ付けすることでビーズに成形しています。そのため、その形状や大きさは不均一ですが、独特の味わいが感じられます。特にJoe H. Quintanaはシルバービーズのスペシャリストであり、氏が活躍した当時には唯一無二のクオリティーを誇っていました。

ターコイズビーズについては、とても綺麗な発色の石で球体に近いシェイプながら、天然石が持つ表情を活かしたラフカットになっており、部分的に複雑なマトリックス等が入ることでアーシーで素朴な雰囲気を作り上げています。とてもエレガントで完成された造形美を持つネックレスですが、このようなターコイズによってインディアンジュエリー独特の表情や日常のスタイルにも馴染むナチュラルで奥行きのある印象が与えられています。
フックパーツを含むほとんどがハンドメイドで作られていますが、フックパーツとビーズの間に配されているビーズコーン(円錐型のパーツ)のみ、925シルバー製であることを表す『STERLING』が刻印された既製品のパーツと思われます。


【Joe H. Quintana】(Jose Higineo Quintana)の功績はこちらで語りつくせるものではありませんが、多くの賞を獲得しただけでなく、革新的な造形を生み出し、技術的にも頂点に達したインディアンジュエリーにおける最高のシルバー・スミスの一人です。 現在、トップアーティストとして活躍する作家【Cippy CrazyHorse】シピー・クレイジーホースの師であり、父親としても有名です。

1915年、Cochiti Puebloに生まれ、1932年頃からシルバースミスのキャリアをスタートさせたようです。1930年代後半頃には、【Julius Gan's Southwestern Arts and Crafts】(ユリウス・ガンズ サウスウエスト アーツアンドクラフト)に所属し、シルバースミスの一人としてジュエリーの制作に従事しました。Southwestern Arts and Craftsには、【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース、【David Taliman】デビッド・タリマン、【Mark Chee】マーク・チーも在籍していた記録が残っており、優秀でクリエイティブな作家を生み育てるバックアップや技術の継承があったと推測されます。
第二次世界大戦中は造船の仕事に従事し、ブラック・スミス(金属(鉄)鍛冶)の技術を身に付け、戦後の1950年代頭頃にニューメキシコに戻り、ロスアラモスの【Turquoise Post】やアルバカーキに在った【Seligman's】、その他にもFrank Pataniaの経営する【Thunderbird Shop】やManny Goodmanの【Covered Wagon】等、多くのインディアンクラフトショップに所属していたと言われています。 その間、1960年代中頃までになんと22本ものアートショーにおけるアワード受賞リボンを獲得しました。
1960年代後半には、【Irma Bailey】の経営する【Irma's Indian Arts & Pawn】等のために作品を制作、70年代にIrma's Indian Arts & Pawnが閉店するとコチティ族の家に戻ってシルバースミスとして活動を継続しました。
長いキャリアの中で、特に影響を感じさせるのが【Frank Patania Sr】フランク・パタニアです。1927年にサンタフェに【Thunderbird Shop】をオープンし、自身もアーティストとして評価の高いイタリア人作家のFrank Patania Srは【Joe H. Quintana】だけでなく、【Julian Lovato】ジュリアン・ロバト(1925-)や、【Louis Lomay】ルイス・ロメイ(1914-1996)にも技術やその美意識を教授した人物として知られています。
彼らは共通して高い独自性とインディアンジュエリーの伝統的で素朴な強さを持ちながら、新しい価値観や実験的な造形を生み出し、品位を感じさせる作品を多く残しました。 それぞれに強い個性を持っていますが、どこか共通する美意識を感じるのも特徴です。

ジョー・キンタナ氏の作品はシンプルで洗練されたクリーンなデザインが特徴で、唯一無二のクオリティーを誇るシルバービーズや伝統的なスタンプワークを駆使し、非常にエレガントな作品を生み出すことを得意としています。
石の選別も素晴らしい物があります。 またそのシルバーワークは多岐にわたり、銀食器や花器など様々な作品を残していますが、やはりジュエリーのクオリティーや美しさは特別なものです。70年代頭に制作したコンチョベルトはDOORSの【Jim Morrison】が愛用したことでも有名になりました。


こちらの作品もJoe H. Quintana氏が得意としたシルバービーズをメインに構成されたネックレスですが、そのボリューム感や長さ、ターコイズビーズとシルバービーズの組み合わせによって、とても使いやすい印象のビンテージビーズネックレスに仕上がっています。
派手さのないクリーンでシンプルな印象は、多くのスタイルにフィットし、性別や季節を問わず日常の良いアクセントになるアイテム。女性にもエレガントにフィットしますが、男性にさりげなくお使いいただける汎用性の高いネックレスだと思います。

オーセンティックなナバホジュエリーのスタイルを受け継いでいますが、Joe H. Quintanaらしい独自性も感じさせ、どこかモダンな印象を持ったピース。非常にセンスの良いデザインとエレガントな印象を生み出す質の高いシルバーワークがハイエンドな作品です。史料価値も高いビンテージインディアンジュエリーです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションも大変良好です。僅かな擦れ等は見られますが、ダメージはありません。
また、全てオリジナルのパーツになり、ターコイズビーズは天然素材ですので、もともとターコイズが持つ凹凸等が見られます。ワイヤーのコンディションもチェックし、現在は劣化やダメージは見られませんが、ご使用に当たってはご注意と定期的なチェックが必要になります。
PRICE:
194,000 円(税込)
SIZE:
長さ 約61.0㎝程度   シルバービーズの幅 9.8㎜程度  ターコイズビーズ直径 ㎜4.3~6.8㎜程度
MATERIAL:
Silver, Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ