HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JBH002325

Vintage Hopi Trickling Water Overlay Cuff Bracelet c.1965~

【Hopi】ホピのビンテージ作品、ホピ独特のオーバーレイ技法を用いて、『Trickling Water/Running Water』(ゆっくりと流れる水)を表す幾何学模様が施されたビンテージバングルです。

ホールマークなど作者や工房を特定する材料がなく、明確に制作年代を特定することは出来ませんが、作品のスタイルやディテールなどから1960年代後半~1980年代初頭頃までに制作されたものと推測されます。
現代のオーバーレイ作品に比べ、カッティングされた厚いシルバープレートが薄いシルバープレートにオーバーレイされることにより紋様が描き出されています。こちらの作品では、『Trickling Water/Running Water』を表すパターンが施されています。日本の着物などでも見られる『鱗柄』にも似たとてもシンプルで根源的な紋様の一つで、古くはホピの巨匠【Harry Sakyesva】ハリー・サキイェスヴァ(1922-1969?)の作品でも散見され、現在も活躍するベテラン作家の【Anderson Koinva】アンダーソン・コインヴァ(1956-)などが現在も制作しているパターンです。
また、ホピは基本的に農耕民族であり、こちらの紋様が表している『水』は、生活に欠せず作物を育てるためにも不可欠であり、強い思いが込められた伝統的なモチーフの一つです。

また、オーバーレイ技法によって独特の紋様が描き出されたバンド(地金)は、さらにハンマーワークによってアールがつけられ、立体的で美しい曲線・曲面が与えられ、素晴らしい造形美と腕になじむ上質感を感じられます。このようなディテールは、木(丸太)に彫り込んだ溝に、タガネを使い地金を沿わせるように繊細なハンマーワークによってドーム状の膨らみを作り上げています。高度な技術と手間を必要とするため、現在ホピの作品ではあまり見ることが出来なくなりました。


【Overlay】オーバーレイと言う技法は、シルバーの板に描いたデザインを切り抜き、下地のシルバーの上に貼り付けることで、立体的に絵柄を浮き出させる技法です。スタンプワークやカッティングと組み合わされた作品も見られ、完成度を高められたオーバーレイ技法を用いた美しいホピのジュエリーは、現代に至るまでに多くの傑作を残しています。
1930年代にホピの作家【Paul Saufkie】ポール・スフキー(1904-1998)によって生み出された技術で、40年代~50年代に前述の作家【Harry Sakyesva】や同い年の作家【Allen Pooyouma】アレン・プーユウマ(1922-2014)、【Victor Coochwytewa】ヴィクター・クーチュワイテワ(1922-2011)等により、ホピの代表的なスタイルの一つとして定着させられました。


高度な彫金技術により仕上げられ、美しくクリーンで素晴らしい存在感を持ったデザイン/造形のバングルです。また、ドーム型のアールは女性の腕に装着することで、とてもエレガントなシルエットを生み出し魅力的なアクセントになってくれると思います。

ホピ独特のどこか優し気で日本人にも共通する図案化された自然モチーフは素朴でナチュラルですが、グラフィカルでモダンな印象もあり、クリーンでシックなイメージも併せ持つバングルです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは多少のクスミや細かなキズは見られますが、使用感は少なく良好な状態を保っています。
PRICE:
54,000 円(税込)
SIZE:
レディースサイズ S - ML 程度。
メンズサイズ XXXS - XS 程度。

内径最大幅 約51.4㎜    正面幅(高さ) 約15.1㎜
内周 約117㎜    開口部 約26㎜
Inside Measurement 4 5/8inch   opening 1 inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。こちらは、レディースのXSサイズ以上、MLサイズ以下の方であれば多くの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Silver
        約23.8g
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ