HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JPO012254

【Wolf-Robe】 Acoma Vtg Stamped Silver Small Pin w/TQ c.1940

【ACOMA】アコマプエブロの巨匠3兄弟【Hunt Brothers】の中でも最も秀逸な作品を残している次男【Wayne Henry "Wolf-Robe" Hunt】ウェイン ヘンリー『ウルフ ローブ』ハント(c.1902-1977)】(以下Wolf-Robe)の作品で、独特なシェイプのモチーフは不明ですが、同作者らしい洗練された印象のピース。センターにはターコイズがセットされ、小ぶりながら秀逸なアンティーク/ビンテージのピンブローチです。

1930年代終わり頃~50年代のピースと思われ、【Wolf-Robe】ウルフ ローブらしいトラディッショナルなナバホジュエリーの技術を踏襲しながら独自の造形センスを見せる作品です。 おそらくインゴットシルバー(銀塊)からプレート上に成形された地金をベースにして、細かなカットワークにより独特のシェイプにカットされており、シンプルながら力強く効果的なスタンプワークが刻まれています。さらに、ハンマーワークによって、全体に緩やかなアール(曲面)が施されており、僅かに立体的な造形になっています。

セットされたターコイズは、淀みのない澄んだ水色にタイトなブラウン~ベージュのマトリックスが細かく入る石で、鉱山を特定することは出来ませんが現在も美しい発色と透明感を保ったターコイズです。


【Wayne Henry "Wolf-Robe" Hunt】は、アコマ プエブロの巨匠として知られ、インディアン自身で店を経営した初めての作家である【Clyde Hunt】(c.1900-1972)を兄に持ち、その兄を師としてとても若い時期からシルバースミスとしてのキャリアをスタートしたようです。 1930年代にはアルバカーキに在住し、多くのショーを受賞しながらハイスクールにも通っていた記録が残っています。その後、オクラホマ州タルサに近いカトゥーサにて【CATOOSA Indian Trading Post】を経営しました。
そして、BELL TRADING POSTでシルバースミスとして働きながらそのデザインにも携わった弟の【Wilbert Hunt】(c.1906-2007)と合わせた3兄弟は、『Hunt Brothers』と呼ばれました。彼ら兄弟の中でもホールマーク(作家のサイン)を使用し、多くの秀作を残したのがWolf-Robeであり、【Fred Peshlakai】等と同時期に『作家』としてインディアンジュエリーを制作した最初期の人物の一人です。
また子孫には、現在活躍しているベテラン作家の【Greg Lewis】グレッグ・ルイス、その息子である【Dyaami E Lewis】ディアミ・ルイスがおり、その技術やスタイルは現代にも受け継がれています。


ツーリストスタイルの作品も多く残していますが、もちろん全てハンドメイドで制作され、こちらの様にシンプルながら独自性を感じさせるデザインもウルフ ローブの特徴です。 
また、使いやすいサイズやシンプルでクリーンな質感は多くのアイテムに馴染みやすい印象のピンブローチです。アウターのアクセントとしてラペルや襟等にもフィットしますし、ハット等のワンポイント等にも使い勝手の良いピースだと思われます。

ビンテージインディアンジュエリー独特の味わいと、アンティーク作品ながら洗練された印象を併せもつピース。ウルフ ローブと言う偉大な作家による独自性のある造形美を持つ作品であり、史料価値も高いアンティークジュエリーです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも大変良好です。僅かなシルバーのクスミがみられる程度で、ターコイズを含めとても良好な状態を保っています。
NORMAL PRICE:
51,500 円(税込)
PRICE:
41,200 円(税込)
SIZE:
縦 約2.2㎝   横 約5.0㎝ 

  ターコイズ 縦 約6.4㎜  横 約15.3㎜
MATERIAL:
Silver, Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ