HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JBO000625

Allen Kee Ingot Silver SplitShank Wide Cuff Bracelet c.1950~

【NAVAJO】ナバホの巨匠【Allen Kee】アレン・キー(1916-1972)の作品で、シンプルでクリーンなスプリットワイヤーの造形は、アリゾナ州スコッツデールにあったインディアンクラフトショップ【White Hogan】ホワイト ホーガンを代表するデザインのバングルです。

こちらのようなスプリットシャンクによって作り上げられる美しいデザイン/造形は1910年代のファーストフェイズと呼ばれる時期に生まれた造形の一つです。
その後、【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイも同様の作品を制作しており、ナバホの伝統的スタイルとして受け継がれたようです。
それらの中でも、【Allen Kee】アレン・キーと【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイによって制作されたピースは歴史的な技術と造形を継承しながらも、大変モダンで美しいジュエリーとして昇華され、White Hoganを代表する名作の一つとなっています。

キャストである程度成形されたインゴット(銀塊)を作り、それをハンマーで叩きのばすことで、美しいシェイプを形作ると共に、なめらかなシルバーの肌を実現しています。 それらを割り開くことで流麗なスプリットシャンクを形成しており、そこからさらに、ハンマーワークによりそれぞれのラインにきれいなアールがもたらされています。
サイド~ターミナルにはフラワーコンチョのようなスタンプワークが施され、内側からたたき出すことで、少し立体的な膨らみがつけられています。 同様のスプリットシャンクデザインはその後も次世代に受け継がれ、弟である【George Kee】ジョージ・キーや従兄の【Johnnie Mike Begay】等の作家が制作していますが、サイドのスタンプワークにはそれぞれの個性が表れています。また、やはり重厚な造りや完成度の高いバランスはAllen Keeのピースが秀逸です。

【Allen Kee】アレン・キーは、1916年アリゾナ州スティームボードで生まれ、若い時期からシルバースミスとしてのキャリアをスタートさせていたようです。そして、【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)からシルバースミスとしての基礎を学んだ記録が残っており、3つ年上の従兄である【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイからも技術を学び、互いに切磋琢磨して、現役当時から有名作家として、さらにはナバホモダンスタイルジュエリーの旗手として活躍しました。
1946年からは、Kenneth Begayと共に前述の【White Hogan】ホワイト ホーガンに創業から所属し、同ショップを有名店にしてゆく立役者となっていきます。惜しくも1960年代末にはシルバースミスを引退しており、若くしてなくなっています。そのため、Kenneth Begay等に比べ作品数は少ない様です。

【White Hogan】ホワイト ホーガンは、1930年代後半に【Fred Wilson's】フレッド・ウィルソンズで働いていた【John Bonnell】がアリゾナ州フラッグスタッフで始めたインディアンクラフトショップで、創業当時からKenneth BegayとAllen Keeの両名とはパートナーシップを持っていました。 1951年には、同州スコッツデールに移転し、有名ショップとなっていきます。 当時の二人が作り上げるジュエリーはシンプルでエレガント、ナバホの武骨で原始的な技術を継承していましたが、非常に新鮮で新しい価値観を持っており、なんと、1950年だけで66本ものアワード受賞リボンを獲得しています。 
そんなセンセーショナルな彼らの活躍によりWhite Hoganが批判の的になることもあったようですが、オーナーであるJohn Bonnellはインディアンシルバースミスをパートナーとして対等に接し、彼らの活躍の礎を築いたようです。

そしてKenneth BegayとAllen Keeは、当時日本に比べるとかなり発達していた書籍/メディアにも取り上げられ、全米で知名度のある作家となっていきます。
その後も二人の作り上げた世界観は、弟の【George Kee】・【Ivan Kee】、甥にあたる【Anthony Kee】やKenneth Begayの弟【Johnnie Mike Begay】、さらには現代作家として活躍する【Edison Cummings】へと引き継がれてゆき、2006年に閉店するまで受け継がれていました。


こちらの作品も、そんなWhite Hoganを代表する作品の一つであり、おそらく1950年代~70年代初期の作品と思われます。古典技術を受け継ぎながら、ミニマムで無駄の無いクリーンな印象を持つハイエンドな作品。
どんな装いにもフィットし、普遍的で美しい造形美は長くご愛用いただけると思われます。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも非常に良く、多少の使用感や僅かなクスミは見られますが、良好な状態です。


こちらの価格につきましてはお問い合わせください。お手数ですが、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを必ずご記載下さいますようお願いいたします。  →お問合せはこちら
PRICE:
0HOLD 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ M - XL 程度。

内径最大幅 約58.0㎜    正面幅(高さ) 約42.9㎜
内周 約139㎜    開口部 約26㎜
Inside Measurement 5 1/2inch   opening 1 inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。こちらは、メンズのXLサイズ以下、女性のLサイズ以上の方であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ