HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JNO000410

Vintage Stamped Dragonfly Cross Necklace c.1960

【NAVAJO】ナバホか【Pueblo】プエブロの作品で、シンプルながら迫力のあるドラゴンフライクロスフォブ、ビンテージネックレスです。

1890年代~1910年代のインディアンジュエリー創生期の作品を踏襲していますが、おそらく1950年代~1960年代頃に作られた作品と思われます。チェーンもオリジナルのハンドメイドチェーンが残り、大変クオリティーの高いピース。

モチーフとなっている【Dragonfly Cross】ドラゴンフライ=蜻蛉 はインディアンジュエリーの大変古いモチーフのひとつで水の中に住むヤゴから脱皮し生まれ変わる様子から、チェンジや新しく生まれ変わると言う意味や、水を表す象徴として用いられるようです。 蛇にも近い意味合いのモチーフ。
Isleta CrossやPueblo Crossとも呼ばれ、1500年代頃にムーア人とスペイン人によりデザインされたものとされていますが、それよりも以前からプエブロの人々の間ではトンボの象徴として用いられていたようです。

目標や夢を達成するための守り神や何事も可能であると思い出させる象徴としても使われるドラゴンフライクロスはインディアンにとって大変重要なモチーフの一つです。

シルバーシートではなく、キャストで制作したシルバーを伸ばし、叩くことで成形した作品(インゴット)のため、重厚でシンプルな造形ながら威厳を感じるピースです。 曲線的なシェイプで構成されたドラゴンフライクロスはインディアンジュエリーらしく、プリミティブなクロス等のスタンプワークも力強く、作品のイメージを高めています。
現在では、【Greg Lewis】グレッグ・ルイスなどの作家が、こちらのピースの様な20世紀初頭に作られたドラゴンフライクロスをリバイバルした作品を制作しています。

大きさもあるので存在感ありますが、シルバーのみで構成されたドラゴンフライクロスは多くのスタイルにフィットし、チェーンはフックの位置を変えることで長さの調整も可能ですので、使いやすい作品だと思います。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②


コンディションも大変良好です。使用感少なく、ハンドメイドのチェーンも含めて素晴らしい状態を保っています。
PRICE:
0 円(税込)
SIZE:
トップ 縦 約7.6㎝(バチカン含む)   横 約4.3㎝ 
 チェーン長さ 約 60.0㎝程度【フックの位置で短く使用することが可能です。】
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ