HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBF004868

Atq【IH】Stamped Coin Silver Flat & Twisted Wires Cuff c.1930

【NAVAJO】ナバホか【PUEBLO】プエブロのアンティークジュエリー、内側に【IH】=『Indian Handmade/Handcraft』と【COIN SILVER】の刻印があり、これは当時の代表的な工房の一つである『SILVER PRODUCTS』『Silver Arrow』と同じ【Silver Products Manufacturing Company】シルバープロダクツマニュファクチャリング社製と考えられています。
フラットなプレートを土台にして、単独のスクエアワイヤーを捻り作り出すツイステッドワイヤーを重ねることでバンド/地金を構成した、アンティーク/ビンテージバングルです。

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる、20世紀前半頃にアメリカ中西部の観光客向けに制作されたスーベニアアイテム(土産物)の一つですが、そんなスーベニアアイテムの中でも初期のピースと思われ、『IH=Indian Handmade/Handcraft』の刻印が表す通り、制作工程に機械化が導入され量産されたピースではなく、おそらく全てハンドメイドによって作り上げられた作品です。

1920年代末~1930年代頃に制作された作品と思われ、日本においては『平打ち』と呼ばれるフラットなシルバープレートをベースに、中央にツイステッドワイヤーを重ねロウ付けする事でバンドが構成されています。全て伝統的な技術やディテールによって形作られたとてもシンプルな造形ですが、意外にもビンテージ作品では珍しいデザインとなっています。さらに、ツイステッドワイヤーの上下には、規則正しく力強いスタンプワークが施され、シェブロン模様/ジグザグが刻まれており、非常に古い作品でありながらシックでエッジ―な、どこか現代的な表情に仕上げられています。
また、コインシルバー製であり、独特な重厚感を持ったシルバーの質感も特徴的で、ビンテージインディアンジュエリーらしい素朴でワイルドな味わいを備えています。


【SILVER PRODUCTS MFG.】シルバープロダクツマニュファクチャリング社は、【Maisel's Indian Trading Post】マイセルズ インディアントレーディングポスト傘下の企業で、ツーリストジュエリーの量産部門を担う工房としてカンザスシティーに存在していました。
【IH = Indian Handmade/Handcraft】【SILVER PRODUCTS】【Silver Arrow】の3つのホールマーク(ショップや作者のサイン)を用いていたとされ、ツーリストジュエリーらしい量産タイプのピースから独創的でオリジナリティーのある造形までバラエティー豊かなデザイン展開が特徴です。
1940年代中頃には前述の【Silver Arrow】ブランドに統一され、それに伴って地金のシルバーはコインシルバー900から、スターリングシルバー925に統一されたようです。

本作には【IH COIN SILVER】の刻印が施されており、 一説には「IH COIN SILVER」のホールマークが入る作品は1910年代頃の作品と紹介されることがありますが、おそらく1930年代末頃まで使われていたと思われ、【SILVER PRODUCTS】【Silver Arrow】のホールマークよりも古い作品に比較的多い程度と思われます。


【Maisel's Indian Trading Post】マイセルズ インディアントレーディングポストは、1923年にMaurice Maiselにより創業された店で、当時の観光産業隆盛によるインディアン工芸品(土産物)ビジネスとして開業され、フレッド・ハービーホテルの向いに店舗を構えていました。 その後、1939年にはアルバカーキダウンタウンに移転し、現在でも同じロケーションで【Skip Maisel's Indian Jewelry】として営業しています。当時のピークには150人以上のインディアンの職人を雇い入れ、その作業を外から見える形で運営していました。そのスタイルは現在でも受け継がれ、【Will Vandever】ウィル・バンデバー等、腕の良いベテラン作家が今も作品を制作しています。さらに、ジュエリー以外のインディアンアートや工芸品、お土産物も多く遺しており、現在までビジネスを継続している数少ないトレーディングポスト兼工房です。


【Coin Silver】コインシルバーとは、インディアンジュエリーにおいては銀含有率90.0%の地金を表します。 また、アメリカの古い硬貨における銀含有率は900ですが、日本では800~900や古い100円硬貨では600、メキシカンコインは950であり、900シルバーが最も多く使われていますが世界中で共通した純度ではありません。同じように【Sterling Silver】スターリングシルバー=【925シルバー】は、銀含有率92.5%の地金であり、『割金』と呼ばれる残り7.5%は、銅やアルミニウム等が含まれています。 (※現在のSterling Silverは、割金に銅のみを含んだシルバーを表しています。)
925シルバーは熱処理によって時効硬化性をもち、細かな細工や加工に向いていたため食器や宝飾品等様々な物に利用されていますが、インディアンジュエリーにおいては、その初期に身近にあった銀製品、特にシルバーコインを溶かすことで、材料を得ていた背景があるため、現代でも限られた作家によりコインシルバーを用いる伝統が残されています。
シルバーの色味や質感は、割金や製法に左右され、コインシルバー900とスターリングシルバー925の差異を見た目で判断するのは困難です。その差異は極僅かですが、コインシルバーは少し硬く、着用によってシルバー本来の肌が現れた時に、スターリングシルバーよりも深く沈んだ色味が感じられる事が多いと思います。


本作もコインシルバー製らしい渋く黒っぽいシルバーとなっており、ツーリストジュエリーでは珍しくシンプルで洗練されたデザイン/造形が特徴的な作品です。
アンティークとは思えない洗練された印象を持ち、現代においても普遍的な造形美と高い完成度を持っています。また、多くのスタイルにフィットし、性別を問わず長年にわたってご愛用いただけるブレスレット。控えめなボリューム感やミニマムなデザインは、他のブレスレットとの重ね付けにも向いた作品です。

シルバーの質感や経年による迫力等、アンティークピース独特の雰囲気も魅力的で、ホールマークによってその制作背景が考察可能なキラーピースの一つとなっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションも良好です。シルバーは全体に黒っぽくなっていますが、使用感を感じさせず、ダメージの無い状態を保っています。
PRICE:
27,500 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ M - XL 程度

内径最大幅 約59.2㎜    正面幅(高さ) 約8.8㎜
内周 約140㎜    開口部 約24㎜
Inside Measurement 5 1/2inch   opening 15/16inch 

※バングルはサイズ調整可能です。M以上、XLサイズ以下の男性、XLサイズ以上の女性方であればほとんどの方にフィットすると思います。 ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。

サイズ(手首寸法)をお伝えいただければ、当店でお渡し前の調整が可能です。お気軽にお申し付けくださいませ。
MATERIAL:
Coin Silver 900
        約16.5g
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ