HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRZ013710

Vintage Zuni Carved Turquoise In Leaf Bezel Ring c.1960~

【ZUNI】ズ二か【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、優しく美しい色彩を持つラフカットグリーンターコイズと、それを固定し守る独創的なベゼル(覆輪)が特徴的で、伝統的な製法で作られていながら非常に珍しいディテールを持ったアンティーク/ビンテージリングです。

ナバホジュエリーの伝統技術によって作られた作品ですが、一部にカービング(彫刻)の施されたターコイズやそのベゼル、そしてそれらの特徴的なディテールによって植物をモチーフにしたような有機的な表情等から、ズニ族のジュエラーによって作られた作品と推測されます。

1950年代末頃~1970年代頃に作られた作品と思われ、シャンクはフロントが割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で2本に割り開かれています。フェイス部分は、カーブドターコイズナゲットがマウントされることで構成されています。そして本作の最大の特徴は、その自然なシェイプを活かしたターコイズを固定するベゼルとなっています。リーフモチーフの様な独特なシェイプに、ライン模様等の細工が施され、強いオリジナリティを持ったデザイン・造形となっています。また、大きく石の上にベゼルが被さり、ターコイズと共に研磨が行われることで、石が持つ天然の表情やカービングによる複雑な凹凸とシルバー製ベゼルの一体化が実現しているようです。
さらに、ベゼルの外側にもあえて不規則に造形されたシルバーパーツが配されており、やはり植物や自然の一部を切り取ったような質感が与えられています。このような植物を思わせるデザインは、狩猟民族を起源とするナバホ族の作品では比較的少なく、農耕民族であるズニやホピ等、プエブロの作品で多く見られる傾向となっています。
さらに、シャンクとの繋ぎ目には、レインドロップとも呼ばれるシルバーボールが配されることでインディアンジュエリーらしい奥行きのあるリングに仕上げられています。


複雑な表情を生み出している高度なシルバーワークと、素朴で静かな色相ながらワイルドな質感を持つターコイズナゲットにより、ナチュラルな味わいと独特な存在感を持つリングとなっています。

アール・ヌーヴォーが流行した時代に作られたヨーロッパ製ジュエリーの影響も感じさせる作品ですが、やはり根底にあるアニミズムの思想や大地に対する畏敬の念を感じさせ、ヨーロッパで作られてきたジュエリーとは異なったインディアンジュエリーらしい造形美を持っています。

独自性も持った作品ですが、ナチュラルで素朴な味わいと少しラフで手仕事のぬくもりを有している為、性別やスタイルを問わず自然に馴染みやすく、長年にわたってご愛用頂けると思われます。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションはシルバーの僅かなクスミや摩耗等が見られますが、特にダメージはなく、ターコイズを含め良好なコンディションです。
石の凹凸は天然石由来の特徴であり、ダメージではありません。
PRICE:
19,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 14号  円周 約 54.7㎜    us 7.5
正面幅 約 22.2㎜
MATERIAL:
Silver, Green Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ