HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRC014031

【Greg Lewis】Old Sprilt Shank Ring w/Nugget Turquoise c.1990

【Acoma Pueblo】アコマプエブロと【Laguna Pueblo】ラグーナプエブロの血を引く名工【Greg Lewis】グレッグ・ルイスによる1990年代に制作された作品。息子である【Dyaami Lewis】ディアミ・ルイスが長く収蔵していた貴重なピースで、ターコイズのナチュラルな表情を活かしたとてもシンプルなオールドリングです。

フロントが割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で2本に割り開かれたシャンクをベースに、小粒ながら美しい色彩を見せるナゲットターコイズがセットされています。高さのある石に合わせて少し厚く造形されたベゼル(覆輪)は、石の自然な凹凸やシェイプに沿うように造形されており、それらのディテールは、高い技術を要する高度なシルバーワークによって構成されています。
伝統を踏襲しながらもシンプルなデザイン/造形とGreg Lewisによる丁寧なシルバーワークは非常に魅力的で、どこか現代的でクリーンな完成度も備えたリングとなっています。


【Greg Lewis】グレッグ・ルイスは、1954年生まれのベテラン作家で祖父にはアコマの歴史的な作家【Wolf-Robe】ウルフ・ローブを持つ名門ファミリー出身の名工です。1960年代~70年代にはサンフランシスコを拠点に活動していましたが、1979年にラグーナプエブロに戻り、祖父であるAlvin Lewisがサンフランシスコで始めたショップ『The Arrowhead Shop』を移転・再開させました。 本作のようなドラゴンフライモチーフや古典作品をベースとした作品を得意とし、アメリカ国内でもアンティークを専門にしているギャラリーなどで展示/販売されています。残念ながら現在は、体調の問題によりシルバースミスとしては一線を退いていますが、その技術や伝統は、息子である【Dyaami E Lewis】ディアミ・ルイスに受け継がれています。
Alvin Lewisはアコマの歴史的な作家【Wolf-Robe】ウルフ・ローブ等と共に仕事をしたインディアンジュエリー最初期の作家の一人です。


【Wayne Henry "Wolf-Robe" Hunt】(以下Wolf-Robe)ウルフ・ローブ(c.1902-1977)は、グレッグ・ルイスの祖父にあたり、白人オーナーではなくインディアン自身で店を経営する初めての作家である【Clyde Hunt】(c.1900-1972)を兄に持ち、非常に若くからシルバースミスとして活動をはじめました。当時、多くのショーを受賞しながらハイスクールにも通っていた記録が残っています。その後、オクラホマ州タルサに近いカトゥーサにて【CATOOSA Indian Trading Post】を経営しました。弟の【Wilbert Hunt】(c.1906-2007)と合わせHunt Brothersと呼ばれ、その中でもホールマークを使用し、多くの秀作を残したのがWolf-Robeであり、【Fred Peshlakai】等と同時期に『作家』としてインディアンジュエリーを制作した最初期の人物の一人です。


造形はシンプルながら力強さがあり、石のシェイプに合わせたベゼル(覆輪)等、細部には作者の強い拘りと技術力が感じられ、さり気ないディテールでありながら作品の完成度を高めています。

また、ラフカットのターコイズやプリミティブな製法によってインディアンジュエリーらしいクラフト感やエスニシティーな魅力を放ちますが、手の込んだシルバーワークはどこかクラシックでエレガントな印象さえも与える作品に昇華しているようです。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


オールド作品の為、多少のクスミや制作時のムラ等見られますが目立ったダメージはなく、ターコイズを含め良好なコンディションです。
PRICE:
32,400 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12号  円周 約 52.5㎜    us 6.5
正面幅 約 13.7㎜
MATERIAL:
Silver, Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ