HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO014265

Vtg Navajo Split Shank Ring w/Sq. Persian Turquoise c.1940~

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、オーセンティックで大変秀逸なシルバーワークをベースに美しいスクエアカットターコイズがセットされた作品。素晴らしいクオリティーとクラシックな印象を持ったビンテージ/アンティークリングです。

1940年代~1950年代頃の作品と思われ、厚いシルバーで構成したシルバーワークのクオリティが非常に高いハイエンドな作品。おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形されたシャンクは、フロントが『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で3本に割り開かれており、フェイスに向けて自然な流れを生み出しています。そこにスクエアカットの美しいターコイズがセットされ、両サイドには細かなスタンプワークによってツイステッドワイヤーのように細工されたワイヤーのアップリケ/パッチワークが施されています。リングとしてとても美しいバランスに仕上がった作品で、残念ながら作者は不明となっていますが、丁寧で重厚なシルバーワークをベースに、ジェムクオリティーのターコイズがセットされることで際立った存在感と迫力を感じさせるリングです。

セットされたターコイズは、おそらくオールドパージャンターコイズと思われ、良質な石が北米に輸入された時期の石と推測されます。澄んだターコイズブルーにワイルドで力強いマトリックスが入り、強い透明感はありませんが古いナバホジュエリーと非常に良い相性を持った味わい深いターコイズです。


【Persian Turquoise】パージャンターコイズ/ペルシャンターコイズは、現在のイラン産にあたり、カスピ海近くの鉱山で古くからたくさんのターコイズを算出しています。その歴史は紀元前にさかのぼることができ、中世にはトルコを経由してヨーロッパに輸出されたことから、ターコイズ/トルコ石と呼ばれるようになりました。(トルコではターコイズは産出していません。)
北米とは違った価値基準を持ち、マトリックスの入らないフラットなブルーが上質とされ、すでに1930年代以前からアメリカにも輸出されていたようです。また、1950年代にはネバダ、アリゾナの多くのターコイズ鉱山の石が細かくグレーディングされ、パージャンターコイズも上質なものは流通量が少なくなっていたようです。
北米産ターコイズの多くが薄い脈状で形成されているのに対し、パージャンターコイズは塊で採掘できるのが特徴で、それにより高さのあるハイドームカットが可能になっています。北米産では、【Number Eight Turquoise】ナンバーエイトや【Lone Mountain Turquoise】 ローンマウンテンターコイズ等が塊状で採掘されます。 色はターコイズらしい水色~ブルーの石を産出し、大変幅広いバリエーションを持っています。幅広いバリエーションを持つ為、グレーディングの困難なターコイズであり、前述の様に世界基準と北米の基準は全く異なっていますが、比較的ペールトーンの石が多く深い色味を持ち、ワイルドなマトリックスの入るこちらの様な石が北米における基準では高く評価されると思います。


ナバホの古典的な技術によって構成されたトラディショナルなスタイルの作品ですが、独特の力強さと丁寧でクオリティーの高いシルバーワークによる上質感を感じさせ、良質なターコイズは長い年月を経ていまだその輝きを失っていません。
また、ワイルドでアーシーな雰囲気のターコイズでありながら、スクエアシェイプにカットされる事によってクラシックでエレガントな印象も併せ持つ作品へ昇華されており、ビンテージスタイルはもちろん少しフォーマルなシーンでも品格を損なわず、普遍的な造形美は多くのスタイルにフィットするリングです。

オールドナバホジュエリー特有の武骨な質感と味わい深い奥行きを持ち、突出した造形センスを感じさせるリング。現存数が少なく高い希少性も備えたコレクタブルな作品です。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションはアンティーク作品ながら使用感の少ないとても良い状態です。
ターコイズも石の動きやクラック等のダメージは無く、マトリックス部分には天然石が元々持っている僅かな凹凸が見られますが良い状態を保っています。
PRICE:
43,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 13~13.5号  円周 約 53.5㎜    us 7
正面幅 約 9.4㎜
ターコイズサイズは 7.7㎜×7.5㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Turquoise (probably Persian Turquoise)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ