HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO014360

Vtg Navajo Sq.BrownWeb #8 Turquoise Split Shank Ring c.1945~

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、オーセンティックなナバホスタイルのシルバーワークに素晴らしいスクエアカットのオールドナンバーエイトターコイズがセットされた作品。クラシックな造形/デザインながらシンプルでクリーンな表情を持ったメンズサイズのビンテージ/アンティークリングです。

1940年代後半~1950年代頃の作品と思われ、美しいブラウンウェブNo.8ターコイズを最大限に活かしたとてもシンプルな造形。フロントが3本にスプリットされた『スプリットシャンク』と呼ばれるオーセンティックな造形によって、サイドからスクエアターコイズで構成されたフェイスに自然な流れを作り出しています。ターコイズの両サイドには、2本のシルバーワイヤーを撚り合わせたツイステッドワイヤーが施されていますが、スタンプワーク等のディテールは見られず、ミニマルな造形となっており、無駄がなくとても美しいバランスに仕上がった作品です。

セットされたターコイズは美しいオールドナンバーエイトターコイズです。発色の美しい水色にブラウンウェブが入り、一部にグリーンのグラデーションが見られるナンバーエイトらしい特徴を持った石です。経年と摩耗により少しマットな質感となっていますが、依然として深淵な景色を見せ、ブラウンウェブナンバーエイトとしては、ジェムグレード以上にグレーディングできる石だと思います。
また、アンティーク作品ではジェムクオリティーのターコイズがセットされた作品は非常に貴重で、それなりの使用感と摩耗はありますが、長い年月を経ていまだその煌きを失っていません。 ターコイズは再研磨も検討できますが、今も宝石としてのグレードと劣化のない美しい色をたたえています。


【Number Eight Turquoise】ナンバーエイト鉱山は、ネバダ州の鉱山で1920年代中頃~60年年代頃まで採掘されていました。特に1930年代中頃に採掘された石は素晴らしいクオリティーを持っていたとされています。採掘されるターコイズは、バリエーションが豊かな鉱山の一つですが、その多くは澄んだ水色を持ち、ハイグレードにグレーディングされるものは北米産ターコイズの中でも最も変色や劣化しにくいとされ、高い硬度を誇っています。現在はその多くがコレクターや有力なトレーダーに収蔵され、市場に出ること自体が少なくなってしまいました。


スクエアカットターコイズとシンプルでミニマルなシルバーワークは、ビンテージジュエリーでありながら洗練された完成度と現代的な印象をもたらしています。またそれは、ビンテージスタイルとの相性はもちろん素晴らしいリングですが、ナチュラルで豊かな表情と普遍的な造形美は性別やスタイルを問わず馴染みやすいリングです。

繊細でありながら力強い質感と味わい深く魅力的なターコイズは長い年月を経ていまだそのその存在感と威厳を失っておらずとてもコレクタブルな作品となっています。

◆着用サンプル画像(6枚)はこちら◆


コンディションは、全体に経年によるシルバーのクスミや摩耗等の使用感が見られ、ベゼル(覆輪)には少し傷みが有ります。また、ターコイズには小さな欠けが見られマットな質感になっていますが、ガタツキなどはなく着用に不安のないコンディションとなっています。

細かなキズ等が見られますが、ターコイズを含め目立ったダメージはなく、使用にあたって不安の無い良好なコンディションです。
PRICE:
37,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 19.5号  円周 約 60.1㎜    us 9.5
正面幅 約 14.8㎜
ターコイズサイズは 13.1㎜×8.8㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Brown Web Number Eight Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ