HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JPF011778

Antique Thunderbird Shaped Ingot Silver Pin w/Gem TQ c.1930~

【NAVAJO】ナバホの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる1910年代~1950年代当時に観光客向けに生産されたスーベニアアイテムの一つで、サンダーバードシェイプに非常に美しいジェムクオリティーターコイズがセットされたアンティーク/ビンテージピンブローチです。

1930年代~1940年代頃のピースと思われ、ツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる観光客向けに作られたピースを代表するようなサンダーバードモチーフの作品ですが、こちらは全てハンドメイドで仕上げられており、シンプルながら細部にもこだわったシルバーワークにはハンドメイドの味わいが感じられます。
インゴットシルバー(銀塊)から成形された地金のシルバーは、もちろん機械によるプレスではなく手作業によりサンダーバードのシェイプにカッティングされており、テール部分のエッジなど大変細かなカッティングがなされています。さらに、丁寧なスタンプワークによって細部が描き出され、ターコイズのベゼルも量産化された作品で使用されている『ベゼルカップ』と呼ばれる量産型のマシンメイドパーツではなく、ハンマーメイドされたベゼルが用いられています。

センターにセットされたターコイズは、古い作品でありながらハイグロスで非常に高い硬度を感じさせるハイクオリティーな石で、ジェムクオリティーと言えるターコイズです。明確な鉱山は不明ながら、高さのあるカットや色味の特徴、年代的な背景からは【Lone Mountain Turquoise 】ローンマウンテンターコイズと推測され、タイトなウェブではありませんがワイルドな印象もあり、1930年代に採掘されたオールドローンマウンテンと推測されます。
とても澄んだ緑味のない水色に、ブラウンの強いマトリックスが入ります。ビンテージツーリストジュエリーにおいてこちらのような美しいターコイズが用いられていることは非常に稀で、こちらの様なクオリティーのターコイズは石だけでもコレクタブルです。


【Lone Mountain Turquoise】 ローンマウンテンターコイズは、ネバダ州のエスメラルダ郡にあり、北米4大ターコイズの一角です。長い歴史のある鉱山であり、1920年代後半から現在の『Lone Mountain』と言う名称になり、現在もわずかながら採掘されている鉱山です。
非常に硬度が高く、変色や劣化に強いターコイズとして知られています。採掘される原石はどんなに小さなものでもカットされ、そのほとんどがジュエリーに用いられました。 【Charles Loloma】チャールズ・ロロマや【Mark Chee】マーク・チー、【Fred Peshlakai】フレッド・ぺシュラカイ等も好んでジュエリーにしたターコイズです。


モチーフの【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。
ジュエリーでは『限界の無い幸福』を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


アイコニックで可愛い印象もあるサンダーバードによるツーリストジュエリー特有のキャッチーな印象と共に、素晴らしいターコイズによる上質感も持ったピース。丁寧なシルバーワークによってもツーリスト特有のチープな印象を作らず魅力的なピースに仕上がっていますので、大人向けのアイテムとしても良いと思います。
また、こちらのようなピンはアウターのアクセントととして、ラペルや襟等にもフィットしますし、ハット等のワンポイントにも使い勝手の良いピースです。

こちらの様なサンダーバードモチーフの作品は、男性向けのアクセサリーとしても使い勝手が良く、さり気なく『ギャップ』と『遊び心』を与えてくれるアイテムであり、スタイルに奥行きをもたらすことが出来るビンテージアイテムです。

◆着用サンプル画像(4枚)はこちら◆


コンディションも経年によるシルバーのクスミやハンドメイド特有の制作上のムラが見られますが、使用感は少なくターコイズを含めとても良好な状態です。
PRICE:
28,000 円(税込)
SIZE:
縦 約2.4㎝   横 約5.5㎝ 

ターコイズ  縦 約8.1㎜  横 約4.5㎜
MATERIAL:
Ingot Silver, Turquoise (probably Lone Mt. Turquoise)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ