HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JNO001639

Vintage Cornflower Shaped Silver Small Fob Necklace c.1955~

【PUEBLO】プエブロか【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリーで、小さなコーンフラワーモチーフのトップがセットされたシンプルなビンテージネックレスです。

こちらの作品にはホールマーク(サイン)がなく正確な作者は不明ですが、デザインだけでなく製法や細かなディテールまで非常に極似したコーンフラワーモチーフのネックレスパーツを【Cochiti】コチティ族の巨匠【Joe H. Quintana】ジョー・キンタナ(1915-1991)が制作しており、こちらの作品も氏が制作したパーツがペンダントトップとして流用されたピースの可能性があります。

おそらくインゴット(銀塊)から成形されたトップは、左右の花弁先端に施された小さなシルバーボール以外の全てが、一つの塊からハンマーワークやカッティングによって構成されています。上下の立体的に丸いディテールもリポウズと呼ばれる金型の凸と凹ツールを用いて立体的に叩きだす技術によって造形され、もちろん左右の花弁も切り開いた地金を丸く曲げることで形作られており、多くのパーツを集めて構成するのではなく、小さなシルバーの塊を巧みに成形することで成り立っています。
シルバーチェーンは新しいものですが、独自にアンティーク加工を施しており、ビンテージ作品によく馴染む表情になっております。バチカンパーツは当店でセットしたものではありませんが、こちらも新しいパーツになり925シルバー製です。

こちらのモチーフとなっている【Cornflower】コーンフラワーは、ヤグルマギクではなく『トウモロコシの花』を表すものと思われ、その発祥は明確になっていませんが、1920年代後半頃の【Eskiesose】エスキーソセが【C. G. Wallace Trading】C.G.ウォレス トレーディングで制作したいくつかのナジャネックレスで見られるデザインで、おそらくそれらの作品が発祥と推測されます。Eskiesoseは、スタンプ(鏨)を制作する職人としても有名な作家で、現在も詳細が明らかになっていませんが、1975年に開催されたThe C. G. Wallace Cllection of American Indian Artオークションのカタログに素晴らしい作品が紹介されています。
また、1930年代以降は【Austin Wilson】オースティン・ウィルソンなどの作者によって受け継がれますが、植物をモチーフにしておりナバホの作家よりも農耕民族の多いプエブロの作家に好まれたモチーフだと思います。


【Joe H. Quintana】(Jose Higineo Quintana)の功績はこちらで語りつくせるものではありませんが、多くの賞を獲得しただけでなく、革新的な造形を生み出し、技術的にも頂点に達したインディアンジュエリーにおける最高のシルバー・スミスの一人です。 現在、トップアーティストとして活躍する作家【Cippy CrazyHorse】シピー・クレイジーホースの師であり、父親としても有名です。


ありそうで比較的珍しい小さいサイズのトップで、シンプルで何気ないシルバーワークのように見えますが、作者の技術力とデザインセンスを感じることのできるピースです。
ハンドメイドの味わいやこなれた印象のディテールは、ビンテージインディアンジュエリー独特のナチュラルで素朴な雰囲気も感じられます。 またそれは多くのスタイルによく馴染み、性別を問わず長年にわたってご愛用いただけるネックレスとなっています。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションも僅かなクスミが見られる程度で、特にダメージは見られず良好な状態です。
PRICE:
13,500 円(税込)
SIZE:
トップ 縦 約2.9㎝   横 約2.2㎝   チェーン長さ 約 50.0㎝程度
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ