HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JPF002252

Antique Horse & 卍 Stamped Silver Small Pin Brooch c.1930

【NAVAJO】ナバホの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルとも呼ばれるアイテムの一つで、独特のオーバルシェイプにホースモチーフや卍のスタンプワークが施されたアンティーク/ビンテージピンブローチです。

1930年代頃にツーリストジュエリーやフレッド・ハービースタイルと呼ばれる、当時アメリカ中西部の観光客向けに作られたピースながら、全てハンドメイドで仕上げられており、可愛いモチーフによりキャッチーな雰囲気を持っていますが、丁寧なシルバーワークで仕上げられています。
センターにスタンプされたホースモチーフは、アメリカでも日本においてもなぜか通俗的に【犬】と言われていますが、こちらはホース【馬】のデザインです。 また、卍やベアポー(熊の足跡)等のスタンプワークが施されており、ツーリストジュエリーらしい表情を持っています。 また、オーバルのシェイプには巧みなハンマーワークによって全体に立体的なアール/曲面がつけられており、ハンドメイドによる柔らかなシルバーワークが感じされます。エッジのカッティング等もすべてハンドメイドにより仕上げられており、素朴でシンプルなピースながら味わい深くどこか上質感のあるピンブローチです。


【Horse】馬は旅を表し、人生や長い道のりを<導いてくれる物>を象徴します。

【Bear Pow/Track】熊の手/足跡は、『吉兆』や『力』を表しておりホピのジュエリーにおいても多く見られるモチーフの一つです。

卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。


ホース(馬)の表情など、ツーリストジュエリーらしい素朴さや独特の可愛さがあり、女性に向いた作品ですが、ハンドメイドの武骨な味わいや控えめなボリューム感は、男性のスタイリングにも良く馴染み、程よい『ギャップ』と『遊び心』を与えてくれると思います。

また、シンプルで使いやすいオーバルシェイプは、多くのスタイルにフィットし、インディアンジュエリー独特のナチュラルでエスニシティーなアクセントとして使いやすいピース。 カラーやラペル以外にもハット、バッグ等、多くのアイテムと合わせることができると思います。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②


コンディションも良い個体で、シルバーには多少のクスミが見られますが、使用感なく大変良好なコンディションです。
PRICE:
19,800 円(税込)
SIZE:
縦 約1.8㎝   幅 約3.6㎝ 
MATERIAL:
Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ