HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JRO001605

Antique Navajo SplitShank Silver Ring w/PetrifiedWood c.1940

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、妖艶で大変美しい【Petrified Wood】ペトリファイドウッド(珪化木)がセットされ、独自性のある繊細なシルバーワークの印象的なアンティーク/ビンテージリングです。

1930年代後半~40年代頃に作られたと思われるアンティークピースですが、ベゼルを囲むジグザグのシルバーワーク等、そのデザイン/造形は当時の新しい試みとオリジナリティーが感じられるものとなっています。
ベースには伝統的なナバホの技術が踏襲されており、スプリットシャンクのディテールなどはプリミティブな技法で構成されています。 また、その原始的な手法でありながら、ベゼルを囲む繊細なシルバーワークはそのつなぎ目が確認できないほど丁寧に施され、大変細かなロウ付けによって接着されています。このような精巧な仕事は、当時も現在においても高い技術のある一部の作家にしか実現できないディテールです。
クラシックでシンプルなデザイン/造形の作品ながら丁寧でクオリティーの高いシルバーワークにより、ハイエンドなピースに仕上げられています。


【Petrified Wood】ペトリファイドウッドは、日本語では『珪化木』と言う<木>が化石化したものです。 これらの化石はインディアン居留地であるアリゾナ北部~ニューメキシコ西部の砂漠地帯から多く産出され、古くからジュエリーに用いられています。
おおよそ2億5000万年前の木々が地中に埋もれ、地下水のケイ素成分が浸透し樹木の組織が残ったまま化石化したものです。 木が持っていた組織の違いによって多くのバリエーションが存在し、こちらの作品のようなブラウンやオレンジ、ブラックのものが多く見られますが、レインボーカラーと呼ばれるマルチカラーのものや、強いブラックやパープル、クウォーツ(水晶)で構成されたものも見られます。 また、その表情が異星の景色のように見えることから、【Agate】アゲート等を含め、総称として『ピクチャーストーン』『シニックストーン』と呼ばれることもあります。
インディアンジュエリーの歴史においては、コーラルやスパイニーオイスター、ラピスラズリなどと共にターコイズに次いで用いられることの多い石であり、特に第二次世界大戦中にはターコイズを採掘する鉱夫の人出が不足したため、ターコイズに代わって多く用いられたようです。

こちらの作品にセットされたPetrifiedWoodもインディアン居留地に近い場所で産出したものと思われます。 半透明のグレーをベースに強い黒と鮮やかなオレンジが入り、複雑な景色を持っています。全体に僅かな紫色を感じさせ、深淵な奥行きを持つ表情は、どこか妖しく妖艶な印象を与えます。
独特の奥行きと渋く神秘的な表情を持った石(PetrifiedWood)により、作品自体がとてもシックでエッジーな印象に仕上げられています。


ターコイズとは違った表情と独特な雰囲気はとても落ち着いており、強い存在感はありませんが季節や性別を問わず、モードなスタイルにもフィットする作品です。

ビンテージインディアンジュエリーらしい質感を持っていますが、オリジナリティーのある造形は秀逸で大変魅力的なピース。 現在においても完成度の高いシルバーワークで構成され、アンティーク作品ながらエレガントなリングです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


ビンテージ品ですが良いコンディションです。僅かな小傷やクスミは見られますが、目立ったダメージなく良好な状態です。
PRICE:
28,900 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12.5号  円周 約 53.1㎜    us 6.5
正面幅 約 25.9㎜
石サイズは 21.5㎜×12.6㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Petrifiedwood
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ