HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JNO005146

Vtg Navajo Handmade Bead Necklace w/Cast Silver Cross c.1950

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、ベンチメイド(ハンドメイド)シルバービーズと、サンドキャストで成形されたエッジーで重厚な雰囲気が印象的なクロストップにより構成されたアンティーク/ビンテージネックレスです。

サンドキャスト(砂型鋳物)によって成形されクロストップの作品は、現在に至るまで多く制作され、ナバホジュエリーのオーセンティックな造形スタイルの一つとなっています。その為、正確な制作時期を判断するのは困難ですが、本作では、仕上げ処理や中央に刻まれたスタンプワークなどから、1950年代前後に制作された作品と判断可能です。
シルバービーズは丁寧に作られたベンチメイド(ハンドメイド)ビーズとなっています。現在では限られた作家しか制作していない、こちらのような完全なハンドメイドのビーズは、材料の加工からの全ての工程を手作業により作り上げられており、コンチョを作るような手法で半球体を制作し、それらを二つロウ付けすることでビーズに成形しています。そのため、その形状や大きさは不均一な部分が見られますが、独特の味わいが感じられます。

オーセンティックでシンプルなクロストップは、トライアングル(三角形型)の断面を持ち、センター部分はバーストデザインに造形されています。細部は鑢(ヤスリ)で削り出して仕上げられており、美しいエッジがもたらされています。そして中央には力強く深いホーガン(ナバホ族の家)がモチーフとされるスタンプが刻まれており、インディアンジュエリーらしさが与えられています。クロスデザインとしてもクラシックなイメージのデザイン/造形ですが、シルバーの質感やシルバーワークによって醸し出される表情には、武骨で骨太なナバホジュエリーの美意識や価値観を宿しているようです。
さらに、大変丁寧に仕上げ工程が施されており、多くのサンドキャストに見られる独特の細かな凹凸のある質感が、表裏ともに削り磨くことでなめらかなでスムースな肌に仕上げられており、現代作品に比べ多くの手間と時間が費やされています。

クロストップは1950年代前後のピースと思われ、シルバービーズと共に全てオリジナルパーツとも推測されますが、シルバービーズは1940年代~60年代までに作られたと考えられるものが混在してるため、もともとは別々に作られた作品の可能性もあります。

こちらのようなクロスモチーフは、インディアンジュエリーのトラディショナルなスタイルの一つとして古くから作られているモチーフの一つです。 キリスト教の普及と同時に、インディアンジュエリー創生期からみられるもので、ズニの巨匠【Horace Iule】ホレス・イウレ(1899~1901?-1978)等のクロスモチーフで有名になった作家も存在しました。
また、本作に類似したクロスのシェイプは1970年代以降、Cochitiの大巨匠【Joe H. Quintana】ジョー・キンタナ等も受け継いでいます。

本作にはホールマーク(作者のサイン)等が刻印されていない為、正確に作者や背景を特定することは出来ませんが、造形スタイルやサンドキャストの仕上げ、クロストップ中央に刻まれたスタンプワークからは【The Navajo Arts & Crafts Guild】 (NACG)=通称『ナバホギルド』で制作された作品が想起されます。


ナバホギルドでも好まれた技術であり、ナバホジュエリーの伝統技法の中でも最も古くから伝わる技法の一つであるサンドキャストで作り上げられたクロストップは、ビンテージインディアンジュエリー独特のワイルドな味わいと共に、素晴らしい造形センスによりエッジーでクリーンな印象も備えたネックレスとなっています。

また、石のマウントされていないシルバーのみソリッドな表情や、使いやすいサイズ感、そして、シンプルで洗練されたデザイン/造形は大変現代的で、あらゆるスタイリングにフィットし、性別を問わず長年にわたってご愛用いただける作品です。

素晴らしいシルバーワークの質とセンスを感じさせる造形美により、非常にコレクタブルなビンテージピースであり、トレジャーハントプライスな作品となっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションも良好で、ビーズには多少のクスミや凹み、製造時のムラなどが見られますが、リペアの跡や着用に不安のある目立ったダメージはありません。
PRICE:
74,800 円(税込)
SIZE:
クロストップ 縦(バチカンを含む) 約6.9㎝   横 約5.0㎝ 
全長さ 約65.0㎝程度
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ