HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO041422

Antique Club Shaped Ring w/Top Grade #8 Turquoise c.1940

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリーで、完璧なブラックウェブが入る非常に美しいオールドナンバーエイトターコイズがセットされた作品。クローバーのようなシェイプによりアメリカンビンテージらしいポップな印象もあるアンティーク/ビンテージリングです。

1940年代前後に作られたピースと思われ、ナバホのオールドスタイルと伝統的なディテールで構成された作品ですが、シルバーワークはとても完成度が高く、デザイン/造形は古さを感じさせないピースです。
オーセンティックなスプリットシャンクをベースにして、トライアングルにカットされたターコイズと、3つのオーバルカットターコイズを用いてクローバー型のフェイスが構成され、その間には小さなシルバードロップが施されています。【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイの作品さえ想起させるシルバーワークのクオリティーは、ツーリストジュエリーと呼ばれる観光客向けに作られた作品には見られないしっかりとした造りで仕上げられ、造形センスも素晴らしく、高い技術を持った手の良いシルバースミスの作品と推測されます。

セットされたターコイズは素晴らしいクオリティーを持つオールドナンバーエイトターコイズです。大変濃い青に【Lander Blue】ランダーブルーを思わせる強くタイトなブラックスパイダーウェブ、一部にブラウンのマトリックスが入ります。それぞれの石は決して大きなサイズではありませんが、数十年を経過してなお美しく澄んだ濃い青を保ち、【Old Number 8】オールドナンバーエイトの美しさが詰め込まれたような石です。
ナンバーエイトの中でも最高峰にグレーディングできるターコイズ。もちろん無添加ナチュラルであり、ブラウンウェブとは違ったナンバーエイト独特の魅力を湛える表情は、ハイグレード以上~トップグレードにグレーディング出来る宝石としての価値を持ったターコイズです。


【Number Eight Turquoise】ナンバーエイト鉱山は、ネバダ州の鉱山で1920年代中頃~60年代頃まで採掘されていました。特に1930年代中頃に採掘された石は素晴らしいクオリティーを持っていたとされています。採掘されるターコイズは、バリエーションが豊かな鉱山の一つですが、その多くは澄んだ水色を持ち、ハイグレードにグレーディングされるものは北米産ターコイズの中でも最も変色や劣化しにくいとされており、非常に高い硬度を誇っています。
現在はその多くがコレクターや有力なトレーダーに収蔵され、市場に出ること自体が少なくなってしまいました。


クローバーシェイプのデザインは男性にも向いたビンテージらしいキャッチーさを持ち、アンティーク作品とは思えないセンスを感じさせるリング。多くのスタイルにおいてさりげなくも主張のあるアクセントになると思われます。

素晴らしいナンバーエイトターコイズと精巧な作り、共にハイエンドな作品であり、出会うこと自体が難しいピースの一つです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤
画像⑥


コンディションはある程度の使用感が見られ、ベゼル等に摩耗が見られますが、目立ったダメージは無く良好な状態です。
ターコイズについても経年により少しマットな質感になっていますが、クラックやガタつきはなく、現在も美しい色と煌きを保っています。
PRICE:
177,000 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12.5号   円周 約 52.8㎜   us 6.5
正面幅 約 28.2㎜ 

  ターコイズ 三角形の石  縦 約9.9㎜  横 約6.5㎜

MATERIAL:
Silver, High Grade Number Eight Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ