HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO001116

Antique Ingot Silver Trianglewire Cuff Bracelet c.1930~

【NAVAJO】ナバホのアンティーク作品で、インゴット(銀塊)から成形された重厚なトライアングル (竜骨型)ワイヤーのエッジにシルバーボールが施された珍しい造形を持つアンティーク/ビンテージバングルです。

1930年代後半~1940年代製と思われる古い作品で、全体にクオリティーの高いスタンプ(鏨)によるスタンプワークが施されており、ターミナル付近にはアローモチーフのスタンプも見られます。 さらに、トライアングルのエッジにはシルバーボールによる装飾が見られ、このようなディテールは他にほとんど類を見ない珍しいものです。
製法も原始的な技術で構成されており、キャスト(鋳物)によってある程度成形されたインゴット(銀塊)を作り、それをトライアングル型に彫り込んだ溝にハンマーで叩きこんで成形すると言うナバホの伝統的製法により作り上げられています。 

トライアングルワイヤーとしては標準的な太さに仕上げられ、エッジーで厳かな印象を持っていますが、独自性と静かな主張を持ったバングルです。 また、インゴット独特のシルバーの質感はとてもなめらかで素晴らしい着用感を生んでいます。


【Ingot Silver】インゴット(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、シルバーゲージ/プレート(銀板)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで叩き伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやバーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


こちらの作品は元々、アリゾナ州フラッグスタッフで活動するジュエリー作家の 【Jonathan Day】 ジョナサン・デイが、サンプルとして所蔵していたアンティークピースです。

それほどボリューム感の大きい作品ではありませんが、ビンテージインディアンジュエリーらしい武骨な雰囲気とワイルドな印象を持っています。 また、程よい幅となじみの良い質感は、重ね付けにも向いたバングルですが、単独でもしっかりとした存在感を放つ作品です。

アンティーク特有の原始的でタフなシルバーワークと、シックで無駄のない造形美は長年にわたってご愛用いただけるハイエンドなピースです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは使用感が見られ、シルバーに多少のクスミや摩耗等が見られますが、特に目立ったダメージはありません。
PRICE:
59,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ SM - L 程度。

内径最大幅 約59.1㎜    正面幅(高さ) 約6.9㎜
内周 約136㎜    開口部 約27㎜
Inside Measurement 5 3/8inch   opening 1 1/16inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。Sサイズ以上、XLサイズ以下の男性であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ