HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO011196

Vintage Silver Men's Ring w/Gem Grade Morenci TQ c.1950

【NAVAJO】ナバホの1940年代後半~60年代製と思われる作品で、大変高度なシルバーワークによって造形され、美しいモレンシターコイズがセットされたアンティーク/ビンテージメンズリングです。

丸く、ボリューム感のあるフォルムは可愛い印象を受けますが、迫力のある立体的なシェイプとナバホ特有の武骨で重厚なシルバーワークによる造形は存在感があり、男性の手によく馴染むピースです。
シャンクは、伝統的な造形であるスプリットシャンクをベースにしており、サイドからベゼルを兼ねたアップリケが施されています。こちらのようなデザインは、リングのシェイプと石を留めるベゼルとしての造形を高度に計算して施されたディテールであり、高度な技術と熟練度の必要なシルバーワークです。
同様の技術は、W.Ben Huntの著書『INDIAN SILVER SMITHING』 (1959年出版)にも紹介されており、現在では60年代~70年代の高い技術を持った作家による作品が散見されますが、コンテンポラリー作品ではその難易度からあまり制作されなくなってしまったディテールの一つです。

ベゼル~サイドには、ビンテージインディアンジュエリーらしいスタンプワークが施され、大変シンプルなデザインはメインとなるカボションカットターコイズの存在感と美しさを際立たせる造形です。


またこちらの作品は、おそらく1930年代後半~50年代当時に、フェニックス、ツーソン(アリゾナ州)~ギャラップサンタフェ、アルバカーキ(ニューメキシコ州)、一部コロラド州を含むアメリカ中西部に、【C.G. Wallace Trading Company】等のインディアンシルバースミスをバックアップする白人トレーダーをはじめ、【Garden of the Gods】、【Thunderbird Shop】、【White Hogan】等のインディアンジュエリーショップも多く出現し、のちに有名作家として活躍するシルバースミスが多く輩出されてた発展期と言える時代に制作されたピースと思われ、非常に秀逸なデザインのため、W.Ben Huntの書籍等で紹介され、後年に受け継がれたものと推測されます。


セットされたターコイズはアリゾナ州の大きな鉱山である【Morenci Turquoise】モレンシターコイズと思われ、濃い色ではありませんが、非常に澄んだ水色にの特徴的なウォーターウェブと呼ばれるマトリックスが入り、部分的にパイライトやクウォーツ(水晶)が見られます。透明感があり、モレンシ独特の特徴的なマトリックスや色・景色を持っており、ジェムクオリティーと言えるターコイズだと思います。

シンプルでターコイズの美しさと重厚なシルバーワークの双方が堪能できる作品に仕上がっています。
立体的な造形によるボリュームがあり、クラシックな印象を持っていますが、ビンテージインディアンジュエリーらしい武骨な雰囲気と独特の美意識を感じさせるハイエンドな作品。 ワイルドで男性的な印象と、どこか美しくエレガントな雰囲気を併せ持ったリングです。


着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションも大変良好です。シルバー、ターコイズ共には目立ったキズや摩耗もなく良い状態を保っています。
NORMAL PRICE:
38,000 円(税込)
PRICE:
26,600 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 23~23.5号  円周 約 64.1㎜    us 11
正面幅 約 18.0㎜
ターコイズサイズは 14.7㎜×13.3㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Gem Grade Morenci Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ