HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO011190

Antique Navajo Worn Siver Men's Ring w/Square TQ c.1910~

【NAVAJO】ナバホの大変古い『ツーリストジュエリー』と呼ばれるアンティークインディアンジュエリーのピースで、長い経年と着用による摩耗によって石とシルバーが一体化したように変化したアンティーク/ビンテージリングです。

正確な製造年代は不明ですが、1910年代~40年代頃に作られた作品と推測され、丁寧なシルバーワークで仕上げられていることによって、現在に至るまで破損せずにしっかりとジュエリーとして形をとどめていると思われます。
シャンクは、伝統的な造形であるスプリットシャンクをベースにサイドにアップリケが施されていますが、そのつなぎ目は現在では完全に消え、確認することが出来ません。また、それら地金はおそらくインゴット(銀塊)から成形されており、ベゼルに関しても非常に古い作品の特徴であるハンマーメイドによる造形と思われます。さらに、ベゼルにはツイステッドワイヤーとその外側にもスタンプワークの形跡が残るシルバーワークが見られますが、摩耗によって原型を失いターコイズと一体化したようなシェイプと独特の質感を見せています。
コンディションの良いピースではなく、ターコイズの欠けも含め経年と相当な使用感を感じさせる状態ですが、丁寧なシルバーワークによってしっかりとした完成度に仕上げられた作品のため、現在のような状態でも風格があり、素晴らしい魅力を持ったリングです。 


【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーは、【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと近い意味を持っていますが、もう少し広義な言葉です。1900年代以降のサウスウエスト観光産業の隆盛に合わせて作られたスーベニアビジネスの一部であることは同じですが、現在、『フレッド・ハービースタイル』と言う言葉がいくつかのメーカーで量産された作品を指すのに比べ、ツーリストジュエリーは量産品以外の作品も含んでおり、さらに、30年代までの列車による旅の記念品だけでなく、50年代以降のトラック運転手やトレーラーで移動する旅人に向けた作品も含んでいます。
そのため、こちらの作品もツーリストジュエリーとして制作されたものと推測されますが、全てハンドメイドによって作り上げられており、現在フレッド・ハービースタイルと呼ばれるBELLやMaisel's、Arrow Noveltyの分業化や量産化を推し進めたメーカー(マスプロ)の作品群とは一線を画しています。


長い経年によって多くのディテールが削り落とされた表情は、シンプルでクリーンな雰囲気を作っており、スクエアカットのターコイズが男性的な印象をもたらしています。
そのため、摩耗によって丸くなったシルバーとターコイズの質感やオーセンティックなアンティーク作品独特の造形により、アンティークインディアンジュエリーの素朴ながらとても味わい深く、タフでワイルドな力強い魅力が堪能できる作品です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④


コンディションは、着用による摩耗によって良い状態とは言えませんが、着用にあたりすぐに破損するようなことはないと思います。ターコイズにも欠けが見られ、長くご愛用頂くことを考えるとリペアが推奨されますが、このままで石が完全に外れてしまうことはありません。
コンディションが良くないことをご考慮いただく必要のある作品です。
PRICE:
23,900 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 23~23.5号  円周 約 64.4㎜    us 11
正面幅 約 18.2㎜
ターコイズサイズは 13.0㎜×8.6㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ