HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO001092

Antique Ingot Silver Twisted Triangle Cuff Bracelet c.1930~

【NAVAJO】ナバホ族のアンティークジュエリーで、古い作品独特の印象と風格を持った作品。インゴット(銀塊)から成形されたワイヤーをツイストし、さらにそれをハンマーワークによってトライアングル(竜骨型)に叩きなめした造形のアンティーク/ビンテージバングルです。

1930年代後半~40年代頃の作品と思われ、インディアンジュエリーの中でも最初期からみられるスタイルの一つであるツイステッドワイヤーを、同じく伝統的なシェイプであるトライアングル(竜骨型)に仕上げた作品です。 これは、一度ツイステッドワイヤーを制作してから木に彫り込んだトライアングルの溝や金型を使いハンマーで叩いて成形しており、シンプルながら手の込んだインディアンジュエリーらしさが堪能できるバングルです。非常に手間と時間がかかり、均一なクオリティーや仕上がりを保つことが技術的に難しい造形であり、完成した作品は素朴で派手さのない印象もあって現代の作家はほとんど作らなくなてしまった造形の一つです。
さらにこちらは、原型となるシルバーワイヤー自体がインゴット(銀塊)から成形されており、丁寧にパウンティングされたシルバーの質感はとてもなめらかに仕上げられています。 内側も肌によく馴染む質感になっており、成形時にできるインゴットから成形された作品独特の僅かな亀裂などが見られます。
フロント部分には、シンプルながらセンスの良いスタンプワークも施され、奥行きのあるツイステッドワイヤーの造形に、さらに複雑な表情が与えられています。

【Ingot Silver】インゴット(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、シルバーゲージ/プレート(銀板)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで叩き伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやバーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。


トライアングルのエッジーなシェイプと、少し黒く重厚なシルバーの表情が男性的な印象のバングル。また、内側の肌と接地する面は丁寧に叩きなめされており、心地よく手首にフィットします。

ナローな幅ですが、ビンテージインディアンジュエリーらしいプリミティブな製法と武骨な印象がスタイルのアクセントとして大変使いやすく、多くのスタイルに違和感なく馴染みやすい作品です。
とても古いピースながら洗練された普遍的な造形美を持ち、単独でもしっかりとした存在感がありますが、重ね付けにも向いた造形です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションは、シルバーのクスミ等見られますが大変良好です。 また、内側の一部には、インゴット製法による独特の僅かな亀裂がみられますが、これらは制作中にできるもので、ご使用にあたって破損につながる亀裂ではありません。
PRICE:
37,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ XS - M 程度。
レディースサイズ ML - XL 程度

内径最大幅 約56.9㎜    正面幅(高さ) 約6.4㎜
内周 約132㎜    開口部 約24㎜
Inside Measurement 5 1/4inch   opening 15/16inch 

  ※バングルはサイズ調整可能です。こちらは、メンズのXSサイズ以上、MLサイズ以下、女性のMサイズ以上の方であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ