HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JBO000648

Vintage Bias Stamped Ingot Silver Cuff Brcelet c.1940~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリーで、【NAVAJO GUILD】ナバホギルドの作品と推測される、INGOT(インゴット)から成形されたシャンクにファイルワーク/エングレイビングとスタンプワークによって美しいバイアスに紋様が刻まれたアンティーク/ビンテージバングル。 エッジのカッティングワークも非常に見事で、ハイエンドなピースです。

1940年代~1950年代頃に作られたと思われ、こちらには【Horned Moon】のホールマークは見られませんが、NAVAJO GUILDにこちらのような作品が多く残されており、スタンプや造形スタイルから、【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)による作品の可能性が高いと思われます。

【The Navajo Arts & Crafts Guild】(NACG)※以下ナバホギルドは【The United Indian Trader’s Association】(UITA)等と共にインディアンアートの普及やクオリティーの保全、職人の地位向上等のために現地トレーディングポストや作家たちの手によって組織されました。
中でもナバホギルドは、UITA等に比べナバホの職人主導で組織された団体で、大巨匠であるナバホのシルバースミス【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)が代表を務め、後進の育成や伝統的な技術の伝承、インディアンジュエリーのさらなる普及などを目的に1941年にギルドとして発足しました。
ナバホギルドによる作品のスタイルは特徴的で、Ambrose Roanhorseの意図が強く働いた影響のためか、インゴットから作られたベースに、クリーンで構築的なスタンプワークをメインとしたデザインと、昔ながらのキャストワークによるピースが多く、どちらも回顧主義的なオールドスタイルでありながら、洗練された美しい作品が多く制作されました。ターコイズがセットされた作品がとても少ないことも特徴です。

また、もう一つのナバホギルドが持つ特徴はその構成メンバーです。当時から有名で最高の技術を究めた作家が名を連ねています。
【Kenneth Begay】ケネス・ビゲイ、【Mark Chee】マーク・チー、【Austin Wilson】オースティン・ウィルソン、【Allan Kee】アレン・キー、【Ivan Kee】アイバン・キー、【Jack Adakai】ジャック・アダカイ、【Billy Goodluck】ビリー・グッドラック等、さらに、ホピ族の【Louis Lomay】ルイス・ロメイもナバホギルドのメンバーであり、白人作家でサンダーバードショップを経営していた【Frank Patania Sr】フランク・パタニアも協力してたようです。
現代では、2013年に亡くなられた【Thomas Curtis】トーマス・カーティス等がナバホギルドの影響を強く感じさせます。独自性が強く見える氏のジュエリーですが、根幹には【NAVAJO GUILD】の主義思想が根付いているようでした。

その中でも、代表を務めた【Ambrose Roanhorse】は、現在に至るまでの大変多くのインディアンジュエリー作家に多大な影響を与えた人物の一人です。1904年、ガナード近くで生まれ、なんと9歳のころから祖父を手伝ってシルバースミスとしての技術を学び始めました。
その後、【SOUTHWEST ARTS&CRAFTS】で働き。その早熟な技術により26歳ごろにはサンタフェのインディアンスクールで彫金技術のクラスを受け持ち、大変多くの教え子を持っていました。 サードジェネレーションと呼ばれる第3世代の作家ですが、さらに古い年代の伝統を重んじた作品を多く残し、独特の造形美や完成された技術は次世代に絶大な影響を与えたました。ホピ族の巨匠【Louis Lomay】ルイス・ロメイも氏から技術を教授された一人です。


こちらの作品も銀を溶かし、キャストで棒状(インゴット)に成形した後、伸ばし叩くことによってバングルへと成形していく製法で作られています。それは、大変原始的な手法であり、インディアンジュエリーのとても重要なファクターです。
こちらの作品はそれらを体現したピースであり、【Ambrose Roanhorse】アンブローズ・ローアンホース(1904-1982)の思想と守ろうとした伝統を強く感じさせる作品です。

さらに特筆すべきは、そのエッジのカッティングワークです。細かくカットされたエッジは目立たないディテールですが、効果的に作品に奥行きを与え、非常に手間がかかるため、古い作品でもそれほど多くみられる造形ではありません。
また、おそらくコインシルバーまたは、コインシルバーと同程度(品位900)のシルバーと思われ、黒っぽく硬い表情のシルバーです。

非常にシンプルでクリーンな構成ながらビンテージインディアンジュエリー独特の男っぽく骨太な印象を持った作品。重量感もあり、インゴットならではの心地よい重みを感じます。 こちらの様な秀逸なデザインの古いピースは史料価値が高く、コレクターの手を離れることは非常に稀です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションも非常に良好です。アンティーク作品ながら使用感少なくシルバーは黒くなっていますが、摩耗は見られず大変良い状態を保っています。
PRICE:
0 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ ML - XL 程度

内径最大幅 約61.3㎜    正面幅(高さ) 約21.1㎜
内周 約144㎜    開口部 約26㎜
Inside Measurement 5 5/8inch   opening 1 1/8 inch 

  ※※バングルはサイズ調整可能です。MLサイズ以上、XXLサイズ以下の男性であればほとんどの方にフィットすると思います。br> ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ