HOME > 商品詳細ページ

ITEM CODE:
JNS990747

Antique Santo Domingo Thunderbird Knot Cord Necklace c.1940

【Santo Domingo】サントドミンゴの作品で、サンダーバードがモチーフのアンティーク/ビンテージネックレスです。 通称【Battery Bird】バッテリーバード、【Depression Necklaces】大恐慌のネックレスともいわれる伝統的な作品です。

こちらのピースはビーズの間に紐の結び目が上手く挟み込まれた構成になっており、独特の表情と長さのある個体です。カラーの構成も秀逸でサントドミンゴ独特の雰囲気が感じられます。

サントドミンゴはプエブロと呼ばれるナバホ以外のインディアン部族の中でも最大規模の部族で、アルバカーキからサンタフェにかけてのリオグランデ(川)流域で古くからジュエリーを制作することで知られていきました。
現在でも素晴らしい作家を多数擁しており、独特の技術やスタイルを持ったジュエリーを制作していますが、こちらのような樹脂製のジュエリーは、1929年にアメリカを中心に世界恐慌が始まり、それに伴って生まれた作品群です。

もともと、サントドミンゴの代表的な工芸品/お土産物として、1920年代以前から色々なジュエリーが制作されていたようですが、世界恐慌により物資が不足し、身近にあった車のバッテリーケースやレコードなど廃材を樹脂パーツとして再利用して作られました。中には裏面にレコードの音溝がそのまま残っている作品も見られます。
そのため、アメリカ国内では現在でも【Battery Bird】や【Depression Necklaces】と呼ばれています。

こちらの作品は、1940年代~1950年代前半製と思われますが、50年代/60年代まで同様の材料や製法を用いた作品が作られていたようです。
大きさや色、デザインのパターンに大変幅広いバリエーションが存在するのが特徴で、一点一点に楽しい特徴が見られます。

アンティーク独特の味わいを持ち、ヘリテイジ感がありますが、長さがあるため現代的な印象に仕上がっており、多くのスタイルに馴染みやすく、ナバホやホピ、ズニのジュエリーとも相性の良い作品。性別を問わずお使いいただけます。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②


コンディションも良好です。アンティーク作品のため、少し擦れ汚れなどは見られますが、良い状態を保っています。 
※こちらの作品はビーズワイヤー(紐)もオリジナルパーツとなります。通常、ダメージのある場合や経年による劣化の可能性があるものについては当店で交換しておりますが、こちらの作品はデザインの特性を守るため、当時のオリジナルのままで販売しております。そのため、デリケートな作品となりますのでご着用に当たっては十分にご注意くださいますようお願いいたします。
PRICE:
0 円(税込)
SIZE:
トップ 実寸   縦 約4.9㎝   横 約5.7㎝ 
長さ 約75㎝程度
MATERIAL:
Resin, Turquoise, Gypsum
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ