HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO050370

Vintage Zuni or Navajo Ring w/NevadaBlue TQ c.1940

【NAVAJO】ナバホか【ZUNI】ズニのOLDPAWNジュエリー、1940年代~50年代前半頃に作られたと思われる作品です。
大変重厚で鮮やかな水色が美しいネバダブルーターコイズがセットされたビンテージリングです。

1930年代後半~50年代はツーソン、ギャラップ(アリゾナ州)~サンタフェ、アルバカーキ(ニューメキシコ州)のアメリカ中西部に多くのインディアンジュエリーショップがオープンし、それらの店には30年代中頃に多く産出した素晴らしいクオリティーのターコイズが多く供給された時代です。 タナーファミリーやC.G.ウォレス等、白人トレーダーや後援者により高い技術を持った優秀なシルバースミスが生まれた時期でもあり、ジュエリーの制作にも少しづつ機械化が進んでいく過渡期にもあたります。

こちらの作品はそんな発展期と言える時代に制作されたピースで、多くの可能性があるため明言することはできませんが、ナバホのシルバースミスとズニの作家によるターコイズカットの共作によるものと推測されます。

オーセンティックで重厚な造形のスクエア型リングです。 サイドのアイシェイプにインレイされたターコイズやスタンプワークはユニークで個性的なデザイン。 しかしながら、仕上がりはターコイズの美しさを活かした大変シンプルで洗練された印象があり、どこか現代的な完成度を持つ作品です。

セットされたターコイズも当時はそれなりに流通していたと思われる高いクオリティーの石で、サイドに施されたアイシェイプのインレイにグリーンターコイズが用いられ、センターの迫力あるサイズの石とアイシェイプの片方は、素晴らしいクオリティーのネバダブルーターコイズです。
おそらくグリーンターコイズは変色によるものでなく、もともとグリーンの石と思われますが、ネバダブルー鉱山の石かは不明です。

【Nevada Blue】ネバダブルーターコイズは1901年に発見され、【Timberline Mine】ティンバーラインと言う別名を持つターコイズです。ナゲット(塊)で採掘され、高い硬度と美しい色、独特の複雑な景色を持つターコイズを産出する鉱山です。
こちらも非常に鮮やかな水色でブラウン~ブラック、ディープグリーンのスパイダーウェブを持ち、複雑な景色を形成しており、ハイグレードにグレーディングできる石です。
カットも大変美しく、現在もハイグロスで高い硬度を感じさせる艶やかな石です。このグレードは市場に出ることがほとんどない希少な個体です。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②


ビンテージ品ですが、大変良いコンディションです。多少の使用感は見られますが、石は現在もハイグロスを保っています。
PRICE:
0 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 21~22号   円周 約 62.8㎜   us 10.5
正面幅 約 25.8㎜
ターコイズサイズは 15.8㎜×13.0㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, High Grade Nevada Blue Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ