HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF016754

Antique Navajo Arrows Stamped 卍 Face Ring in Silver c.1925~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、インゴットシルバー(銀塊)から成形されたと思われるシャンク/地金をベースに、【逆卍】Whirling Log/Nohokosのフェイスが施された作品。オーセンティックなデザインが魅力的で比較的小さいサイズのアンティーク/ビンテージリングです。

【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルとも呼ばれる、20世紀前半頃に観光客向けに作られたスーベニアアイテムの一つですが、伝統的な技術・技法によって作り上げられた作品。全ての工程が全てハンドメイドとなっており、分業化や量産化されたものとは一線を画すクオリティーと味わいを持った作品です。

1920年代後半~1930年代当時に作られた作品で、『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で2本に割り開かれており、装着時に肌が透けるスリットとなっています。また、多くの作品よりも大きく割り開いたスプリットとなっており、サイドよりも内側に近い位置から大胆に長く割り開かれています。
フェイスは、アローモチーフのスタンワークが施された逆卍のアップリケで構成され、その卍もモチーフをメインとした作品。その中央には小さなラウンドカットターコイズがマウントされており、こちらの様なカットの石は、蛇の目に似た造形の為『スネークアイ』と呼ばれています。また、その石を留めるベゼル(覆輪)も量産化された作品で使用されている『ベゼルカップ』と呼ばれる量産型のマシンメイドパーツではなく、ハンマーメイドされたベゼルが用いられています。
少し控えめで肌が透けるスプリットシャンクは指に良く馴染み、ビンテージインディアンジュエリーらしくオーセンティックな印象に仕上げられています。


卍 【スワスティカ】 Whirling Log 【ワーリングログ】について・・・
 4つの【L】 『LOVE・LIFE・LUCK・LIGHT』 からなる幸福のシンボル卍(Swastikaスワスティカ)はラッキーシンボルとして当時よく使われていたモチーフです。
しかしながら、1933年のナチスドイツ出現、1939年にWW2開戦によりアメリカにおいては敵国ドイツのハーケンクロイツと同一記号は不吉だとして使われなくなってしまいました。 当時の新聞記事にも残っていますが、インディアンたちにも卍が入った作品の廃棄が求められ、政府機関によって回収されたりしたようです。 その後、大戦中にも多くが廃棄されてしまった歴史があり、現存しているものは大変貴重となりました。
こちらはそのような受難を乗り越えて現存しているものです。


【Arrow/Arrowhead】アロー/アローヘッドは、『お守り』の意味合いを持ちインディアンジュエリー創成期からみられる最古のモチーフの一つです。


ツーリストジュエリーらしいキャッチーな印象とクラシックで武骨な雰囲気を併せ持ち、非常にバランスの良い秀逸なシェイプとデザインは、大変指馴染みの良いリングとなっています。

アンティークジュエリーの中でもリング/指輪は使用による消費や紛失などにより現存数が少なく、大変希少なピースとなっています。特にこちらはツーリストジュエリーの中でも完成度の高いデザイン/造形と、少し珍しいディテールを持ったハンドメイドアイテムであり、現在でも新鮮な印象と長くご愛用いただける普遍的な造形美を持ったキラーピースとなっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションは、経年を感じさせる多少の使用感や細かなキズ、僅かな摩耗が見られ、ハンドメイド特有の制作上のムラなどは確認できますが、ターコイズを含め特にダメージは無く良好な状態を保っています。
PRICE:
25,300 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 11~11.5号   円周 約 51.7㎜   us 6
正面幅 約 9.0㎜
MATERIAL:
Silver, Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ