HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRZ011425

【Dan Simplicio】Zuni Small Ring w/Gem Turquoise Nugget c.1940

【ZUNI】ズ二の偉大な作家【Dan Simplicio】ダン・シンプリシオ(1917-1969)による作品と思われ、美しいターコイズナゲットと同作者を代表するリーフモチーフのパッチワーク/アップリケが独創性と高い完成度を兼ね備えたピース。小さいサイズながら重厚でボリューム感のあるアンティーク/ビンテージリングです。

作者の長いキャリアの為に正確な制作時期の特定が難しい作品ですが、1940年代前後に作られたと推測され、インディアンシルバースミスの中でも突出したクリエイティビティを有し、独自性の強い作品を多く生み出したDan Simplicioらしいリングです。
シャンクはフロントに向けて幅が広く造形されており、ハンマーワークによって重厚に仕上げられています。フェイスはナゲット(塊状)の上質なターコイズがマウントされ、その三角形のシェイプが活かされたワイルドでナチュラルなデザイン。その石を留めるベゼル(覆輪)は、ズ二等のプエブロのシルバースミスが好む柔らかな曲線で構成されたノッチドベゼル(刻みを持つ覆輪)であり、ラフカット独特の不規則な凹凸を持つターコイズに自然なフィット感を見せ、ラフカットターコイズと共に有機的な表情を際立たせる役割を担っています。さらに、3辺に施されたパッチワークに刻まれている特徴的なリーフモチーフ(たばこの葉)デザインのスタンプなどからDan Simplicioによる作品と推定可能となっています。

マウントされた石は、濃いブルーグリーンに強くワイルドなブラックウェブが入る上質なターコイズナゲットです。【Tyrone Turquoise】タイロンターコイズや【Lone Mountain Turquoise】ローンマウンテンターコイズ、【Godber/Burnham Turquoise】カドバー/バーナムターコイズが想起される相やマトリックスの特徴を持っていますが、その鉱山を明確に特定することは出来ません。
最大の特徴は、原石のシェイプを活かしたラフカットと、それを可能にする厚みのあるナゲット(塊状)で産出されたターコイズであることです。数あるターコイズの鉱山の中でも塊状で産出するターコイズは限られており、多くの鉱山において、脈状(薄い層の様な状態)で発見、採掘されます。
こちらの石は、その塊の厚みを残した贅沢なカットとなっています。こちらの様な質の高いターコイズではほとんどの場合、薄くカットして裏に『バッキング』と呼ばれる樹脂による補強を施し、出来るだけ多くのルースに分割します。本作では、天然石の持つ凹凸を残した厚みのあるラフカットによって、ナチュラルでアーシーな印象が与えられています。
またそのワイルドなカットや上質な石の硬度、美しい透明感や艶により、宝石としての存在感と煌めきを感じさせるジェムクオリティのターコイズとなっています。


【Dan Simplicio】ダン・シンプリシオは、ZUNI族の中でも最も著名な作家の一人であり、1930年代後半から台頭する安価なズニスタイルジュエリーを量産するメーカーに対抗し、カットせずに自然な形を生かしたコーラル(珊瑚)等を最初に用いた作家として知られ、非常に多くのスタイルや技術を生み出した人物。【Leekya Deyuse】(1889-1966)や【Leo Poblano】(1905-1959)等との共作のピースも残されています。
1917年、ニューメキシコ州ズニプエブロに生まれ、叔父にはズニ族において記録が残る作家として最初期の一人と言われる【Juan de Dios】ファン・デ・ディオス(1882-1940)を持ち、とても若い時期からシルバースミスとしての技術を教わったようです。
息子である【Mike Simplicio】マイク・シンプリシオの証言によれば、第二次世界大戦中にはフランス・ドイツ・イタリアに従軍し、その時に目にした彫刻などの影響を受け、インディアンジュエリーとしては新しい植物等のモチーフや蛇等のモチーフを用いた、複雑で有機的な造形を生み出したとされています。
それらは当時、非常に独創的であり現代においてはズニのトラディッショナルなスタイルとなっていますが、1930年代~1950年代に彼が生み出した功績は計り知れません。ホールマークの刻まれた作品が非常に少なく、本邦ではそれほど知名度の高い作者ではありませんが、インディアンジュエリートレーダーによる評価は大変高い作家です。1975年に行われたC. G. Wallaceコレクションのオークションでは氏の作品が50点以上が出品され、非常に多くがC. G. Wallaceに個人コレクションされていたことがわかります。
また、甥には【Juan Calavaza】ファン・カラバザがおり、その妻であり日本においても高名な【Effie Calavaza】エフィー・カラバザもDan Simplicioの創作に強い影響を受けた作家です。


女性や男性のピンキーに向いた小さいサイズのリングですが、華やかなボリューム感を持ち、ヨーロッパのアートに触れたDan Simplicioらしいどこか美しくエレガントな印象と、味わい深い石やそれを際立たせるシルバーワークには、作者自身の根底にあるアニミズムの思想や大地に対する畏敬の念を感じさせるインディアンジュエリー独特の美意識が感じられます。

武骨でワイルド、ゴージャスな印象と、素朴ながら特別なクオリティを有するターコイズナゲットにより、唯一無二の魅力を持つリングとなっています。
ナチュラルで素朴な味わいと少しラフで手仕事のぬくもりを有している為、性別やスタイルを問わず馴染みやすく、長年にわたってご愛用頂けると思われます。

大きな石ではありませんが、高く評価されるターコイズをメインに構成したピースであり、宝石としての美しさだけでなく、自然や大地を身に着けるような感覚を覚える作品。非常に貴重なアンティークジュエリーの一つであり、大変コレクタブルでトレジャーハントプライスな作品となっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションも大変良好です。シルバーのクスミや制作上のムラ等は見られますが、特にダメージの無い良好な状態となっています。
ターコイズも長い時間の経過を感じさせないコンディションを保っています。マトリックス部分には凹凸が見られますが、それらはカットされた時からの天然石が持つ凹凸であり、クラックなどのダメージではありません。
PRICE:
64,900 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 12~13号   円周 約 53.3㎜   us 7
正面幅 約 22.7㎜
MATERIAL:
Silver, Gem Quality Turquoise Nugget
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ