HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO035492

Vtg Navajo Three Gem Quality Turquoise Row Ring c.1940~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、ターコイズを縦方向に並べたナバホの伝統的な造形スタイルの作品。美しいターコイズとシルバードロップをメインに構成したシンプルなデザイン・造形ながら、深遠な奥行きと広がりを感じさせるアンティーク/ビンテージリングです。

ホールマーク(作者のサイン)やスタンプワーク等、制作時期を特定する判断材料に乏しく、正確に特定するのは困難ですが、その造形スタイルや製法、石のクオリティなどからは、1930年代末頃~1950年代頃に制作されたと思われる作品です。
おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形されたシャンクは、リングとしては厚く重厚なシルバーとなっており作者の高い技術力が伺えます。デザインとしてはナバホジュエリーの伝統的な造形であるフロント部分が割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれるスタイルとなっており、フェイスに向けて自然な流れを作っているようです。
そして、オーバルシェイプにカボションカットされたターコイズが縦に3つ羅列されることで縦に長くボリューム感のあるフェイスとなっており、それぞれの石の間とシャンクのつなぎ目に大小10個もの『レインドロップ』とも呼ばれるシルバーボールが配され、インディアンジュエリーらしい表情を与え、石の美しさを際立たせています。
地金のシルバーが厚いほど、シルバーワークの難易度があがり、本作の様な正確で緻密なシルバーワークには、卓越した技術が必要となります。また、端正なシルバーワークにワイルドで複雑な表情のターコイズがマウントされることで、特別な魅力を持ったリングとなっているようです。

こちらのようなターコイズを縦に長く構成するデザインは、 ナバホの非常に古い作品にも見つけることが出来ますが、最初期のインディアンジュエリー作家であり、現在ではトラディッショナルと呼ばれる多くの新しいスタイルを生み出したナバホの偉大な作家【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)も好んだデザイン/造形です。

マウントされた石については、正確な鉱山を特定することは出来ませんが、とても美しい水色のグラデーションにワイルドなブラウンのマトリックスが入り、アーシーな景色を持つ石です。アンティーク作品でありながら透明感のある澄んだ色彩を維持し、宝石としての煌きと存在感を示しています。
その色相やマトリックスの特徴からは【Godber/Burnham Turquoise】カドバー/バーナムターコイズや【Persian Turquoise】パージャンターコイズ/ペルシャンターコイズ、さらに【Lone Mountain Turquoise】ローンマウンテンターコイズ等が想起されます。産出した正確な鉱山は不明ながら、ナチュラル無添加の味わい深いターコイズとなっています。


オールドナバホの伝統的な造形スタイルや原始的な技法により形作られた造形は、エスニシティーな雰囲気を作っていますが、それらの特徴と相反するどこかモダンで高い芸術性を感じさせるデザインと質の高いシルバーワークにより、クラシックでジュエリーとしての品位を有する作品に仕上げられています。
また、ビンテージらしい質感やターコイズの作るナチュラルな表情は、性別やスタイルを問わず馴染みやすい印象も持っています。

アンティーク作品特有の質感と奥行きとを持ち、ナバホジュエリーの伝統的な美意識や精神を宿しているように感じます。また、オーセンティックなデザイン/造形ですが、質の高いターコイズが採用されることで高い希少性が付加され、とてもコレクタブルで貴重な作品となっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションは、古い作品のためシルバーのクスミや僅かな摩耗等が見られますが、目立ったダメージは無く、ターコイズを含め良好な状態を保っています。
PRICE:
55,000 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 13号  円周 約 53.3㎜    us 6.5
正面幅 約 25.0㎜
MATERIAL:
Silver(probably Ingot Silver), Gem Quality Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ