HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBO035013

Vtg Attributed to【Austin Wilson】 Repoused Cuff w/TQ c.1945~

【NAVAJO】ナバホの偉大なシルバースミス兄弟の兄【Austin Wilson】オースティン・ウィルソン(1901-1976)によるものと推定される作品。リポウズ/バンプアウトと呼ばれるハンマーワークによって立体的に造形されバンド(地金)をベースに、3つのターコイズがマウントされ、卓越した技術力とモダンで現代的な造形センスを感じさせるアンティーク/ビンテージバングルです。

本作にはホールマーク(作者のサイン)が無く、作者を断定する事ができませんが、本作と非常に酷似したホールマークの刻印された作品が発見されており、ほぼ間違いなくウィルソン兄弟による作品と推定されます。さらに、本作の様な1940年代~1950年代当時にモダンスタイルと云われた造形スタイルに仕上げられた作品であることから、兄であるAustin Wilson(1901-1976)の作品であることが特定可能となっています。

1940年代後半~1950年代頃に制作された作品と思われ、おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形されており、バンドの中央に施されたドーム状の立体的なリポウズ/バンプアウトが特徴的な作品。フラットなシェイプよりも美しく、奥行きと力強い存在感のある造形を作り上げています。
また、50g近い重量とインゴットシルバーから成形された作品特有の硬さを持っており、ライン状に施された立体的なリポウズ(曲面)は、硬い木の土台や鉛の塊にアール(曲面)の溝を彫り込み、そこにシルバーを細かく何度もタガネで叩き沿わせることによって曲面を作る古い技法によって形作られています。
さらに、上下のフラットな部分との境目には『チェイシング/Chasing』と呼ばれるシルバーに立体的な角度を付ける(彫刻の様なイメージ)技術を駆使しすることで、深いラインが刻まれ、上下のエッジは外側に広がるフレア構造に仕上げられています。これらのようなディテールにより、手首に馴染みやすく、とても心地よい装着感が与えられています。また、それらの立体的な断面がターミナル(両端)部分ではフラットに成形されており、作者の細部への拘りとハンドメイドの上質感を体感することが出来ます。
そして、中央にスクエアカット、両サイドにはオーバルシェイプの合計3か所にターコイズがマウントされており、それらの間を縫うようにバイアスにライン模様が刻まれています。それらのスタンプワークも古典作品のディテールを踏襲しながらモダンスタイルが追及された当時の時代背景を感じさせ、ナバホジュエリーらしくもモダンで洗練された印象となっています。

こちらのようなリポウズ/バンプアウトによる曲面のラインがメインとなった作品は、1910年代以前の古典期に近い時代の作品でも発見されていますが、1941年にインディアンアートの普及やクオリティーの保全、職人の地位向上等のために現地トレーディングポストや作家たちの手によって組織されたThe Navajo Arts & Crafts Guild】 (NACG)=通称『ナバホギルド』において多く制作されました。
現代では 【Cochiti】コチティ族の巨匠【Cippy CrazyHorse】シピ―・クレイジーホースや【Jonathan Day】ジョナサン・デイなどの作品で見つけることができます。非常に手間がかかり、高い技術を要するために多くみられるディテールではありません。


【Austin Wilson】オースティン・ウィルソンと【Ike Wilson】アイク・ウィルソン(1901-1942)は、ナバホ族の兄弟とされ、二人とも1901年生まれ、一説にはアングロ/白人の血が入っていたのではないかとされています。インディアンジュエリー作家の第二世代、セカンドジェネレーションと呼ばれる【Fred Peshlakai】フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)や【David Taliman】デビッド・タリマン(1902or1901-1967)、 ホピの【Morris Robinson】モリス・ロビンソン(1901-1984)、等と同世代であり、インディアンジュエリーの『作家』として活動を始めた最初期の一人です。
二人ともナバホリザベーションに生まれますが、弟のIke Wilsonがシルバースミスとして【Charles Garrett Wallace】チャールズ・ガレット・ウォレス(1898-1993)の経営するズニプエブロのC. G. Wallace Trading Postで仕事を始めました。その後、兄であるAustin Wilsonを同じC. G. Wallace Trading Postに誘いれます。キャリア中期以降は、ズニプエブロに存在するC. G. Wallace以外のトレーダーにも作品を供給しており、多くの素晴らしい作品を生み出しました。それは、彼らによる多くの作品がすでにミュージアムに収蔵されていることからも作家としての独自性やシルバースミスとしての高い技術がうかがえます。

また、C. G. Wallace はZUNI /ズ二のジュエリーを専門に扱うトレーダーでしたが、1920年代にナバホのシルバー彫金技術を必要としてIke Wilsonを登用したとされており、所属するジュエリー作家の多くがズニのジュエラーでした。そのため、Austin WilsonとIke Wilsonの兄弟の作品の中には、その当時ではほとんど考えられなかったズニの作家との共作と思われるチャンネルインレイ技術が使われた作品などが見つかっています。ただし、二人はナバホのシルバーワークを専門としており、ナバホのトラディッショナルな技術をベースに、ズニの作家による石のカットやカービングと彼らのシルバーワークを組み合わせたピースが残されています。しかしながら、技術はナバホの伝統的な彫金技術を重視していたようですが、そのデザインスタイルやナバホジュエリーにはあまり見られない繊細な仕事はズニの影響を受けていると考えられます。
ブレスレットやリングなど、トラディショナルなナバホスタイルを踏襲した作品が多く見つかっていますが、ボックスやカトラリー等多岐にわたるシルバー作品を残しており、伝統的な技術を踏襲しながらも新しいスタイルや実験的な造形のピースも見られ、そのクリエイティブな作風や美意識は後世の作家にも多くの影響を与えています。さらに、1941年発足の職人団体【The Navajo Arts & Crafts Guild】 ナバホギルドのメンバーとしてもその名前が残されています。

ホールマーク(作家のサイン)については、こちらのピースには施されていませんが、ボウ&アローの刻印が多く見つかっています。ただしそれが、兄弟の内でどちらのサインであるか明確になっていません。参考資料によっては、前述のボウ&アローの刻印が弟のIkeのサインとされていますが、当店の見解としては、1960年代まで制作していたと考えられる兄のAustinのサインである可能性が高いと推測しており、共通のホールマークであった可能性も排除できません。また、トマホークモチーフの刻印やホーガンモチーフのものなども同作者のものとして紹介されていることがありますが、C. G. Wallace Trading Postには、二人以外にも【Billy Hoxie】ビリー・ホクシー、【Charles Begay】チャールズ・ビゲイ(1912-1998)等のナバホ出身のシルバースミスが作品を供給していたと考えられ、オースティン・ウィルソンかアイク・ウィルソンのサインであることを断定するのは大変困難だと思われます。
それは、AustinとIkeが1歳ほど年の離れた兄弟である事が、最近のErnie Bulow氏の研究・調査によって判明したばかりであることからもいまだ不明点が多く、ホールマーク等の詳細について判断するにはまだまだ今後の研究・調査が必要と考えられます。
当時の高名な作家と同じようにホールマークの刻印されていない作品も多数確認されていますが、当時の作家の中では多作であり、比較的ホールマークの刻印されたピースが残っている作者です。
弟の【Ike Wilson】 は1942年に事故で亡くなられています。兄の【Austin Wilson】はその後も素晴らしい作品を多く残し、1976年に亡くなっており、その技術やスタンプはIkeの妻であった【Katherine Wilson】などが少しの間引き継いでいたようです。また、Ike Wilsonの孫にあたるのが、コンテンポラリージュエリーの有名作家【Harry Morgan】ハリー・モーガン(1946-2007)です。


とても洗練された造形の作品ですが、プリミティブな技術で作り上げられており、ハンマーワークによる大胆な曲面は男性的で迫力を感じさせます。しかしながら、モダンで洗練されたデザインは、クラシックな印象や有機的な表情も生み出しており、性別を問わず手首に美しいアクセントとなるブレスレットとなっています。また、手首に柔らかくフィットする着用感や普遍的な造形美は多くのスタイルに自然に溶け込み、長くご愛用いただける印象です。

ビンテージインディアンジュエリー独特の味わいとAustin Wilsonという偉大な作家による独自性を持つ作品。コレクタブルで史料価値も高いアンティークジュエリーであり、トレジャーハントプライスなピースとなっています。

◆着用サンプル画像(10枚)はこちら◆


コンディションも大変良好で、シルバーには全体にクスミや制作上のムラ等は見られますが、ターコイズを含め特にダメージの無い良い状態を保っています。
ターコイズのマトリックス部分には天然石由来の凹凸が見られますが、それらは元々の特徴でありダメージではありません。
PRICE:
154,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ ML - XL 程度。
レディースサイズ XL - XXL 程度

内径最大幅 約58.2㎜    正面幅(高さ) 約23.7㎜
内周 約140㎜    開口部 約25㎜
Inside Measurement 5 1/2inch   opening 1inch 

※バングルはサイズ調整可能です。ML以上、XLサイズ以下の男性、Lサイズ以上の女性方であればほとんどの方にフィットすると思います。
ただし、サイズ調整の際は無理な力を加えますと破損の原因となることがありますのでご注意ください。
MATERIAL:
Silver(probably Ingot Silver) , Turquoise
        約48.5g
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ