HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JBK004904

Vintage Navajo Arabesque Casted Silver Ketoh/BowGuard c.1950

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリー、【Ketoh】ケトーや【BowGuard】ボーガードと呼ばれるアイテムで、もともとは弓を引く時に手首を守るための防具として作られていたもので、現在でも儀式などで使用されている伝統的な作品です。
重厚なレザーをベースに、サンドキャストで成形されたシルバーが施され、経年による迫力とキャスト独特の流麗な造形が印象的なピース。本作のようなアンティーク/ビンテージのケトーは非常に貴重で、とてもコレクタブルな作品の一つです。

1950年代前後頃の作品と推測されますが、本作のようなサンドキャスト(砂型鋳物)及びトゥーファキャストによるシルバーの成形は、ナバホジュエリーでも古典期と呼ばれる創成期からみられる技術の一つであり、長い歴史を持っています。そして、その当時から完成された技術/技法は現在に至るまで大きな変化なく受け継がれており、キャスト製法以外で作られた作品に比べて制作年代の判断が困難です。不確かな判断材料としては、量産化/パターン化されたデザインであるか、内側の処理・仕上げ、シルバー自体の厚みや質などが目安となります。
こちらの作品の場合は、厚くエッジのしっかりとした造形となっており、多く制作された『型』によるピースではなく作者の高い技術を感じさせる作品です。さらに、大変丁寧に仕上げ工程が施されており、多くのキャストに見られる独特の細かな凹凸のある質感が、表裏ともに削り磨くことでなめらかなでスムースな肌に仕上げられており、現代作品に比べ多くの手間と時間が費やされています。また、ベースとなっているレザーも当時のオリジナルと思われ、クロムの入らないベジタブルタンニンレザーが使用されています。それらのディテールや素材によって1940年代末~1960年代初頭頃に制作された作品であることが推測できます。

デザイン/造形は、ナバホの伝統的な造形スタイルを受け継いだ造形で、クロスを中心にして唐草模様のような流麗な造形が美しいデザイン。断面がトライアングルシェイプに造形されており、しっかりと厚みを持ちエッジのも美しい仕上げとなっています。現代のキャスト作品でも類似したデザインは作られていますが、細部にも行き届いた丁寧なシルバーワークや立体的な造形美、しっかりとした各部のエッジが、新しい年代に作られた作品や量産化されたピースとの僅かながら重要な差異となっています。
また、全体に美しい曲線で構成されており、エッジ―で有機的な印象に仕上げられていますが、使用と経年によるキズや摩耗により、独特な迫力と武骨でワイルドな表情が付加されているようです。


本作のようなボーガード/ケトーは、ナバホジュエリーの中でも最も強い存在感とボリューム感を持ったアイテムの一つであり、季節を問わずスタイルの強いアクセントになり得ます。ただし、レザーとシルバーのみで構成されている為、派手な印象はなく、経年と使用にる独特の武骨な表情はビンテージスタイルをはじめ、多くのスタイルに自然に馴染みやすい雰囲気となっています。

また、サンドキャストで成形されたナバホジュエリーは珍しくありませんが、その作りの良さやディテールによって古い時代に作られたことが判断可能な作品は非常に貴重です。
ハンドメイドされたアンティークナバホジュエリーらしい威厳のある表情も持ち、重厚な造りとクラシックな印象も大変魅力的なキラーピースとなっています。

◆着用サンプル画像(9枚)はこちら◆


コンディションは、使用感と多少のダメージがありますが、ご着用に不安のない状態です。
シルバー部分には傷や摩耗が見られます。レザー部分は、非常に厚いレザーが使用されていますが、硬化などはなく柔軟性を失っていません。両サイドに元々コンチョ等の別パーツが付けられていたと思われる跡(穴)があります。
またシルバーパーツとの接着は、四隅と左右の6か所となっていますが、サイドの一か所が欠損となっています。ただし、使用上はほとんど問題ないと思われます。
その他、全体に経年を感じさせるコンディションながら、問題なくご着用いただける状態を保っています。
PRICE:
88,000 円(税込)
SIZE:
メンズサイズ Free  
レディースサイズ S~ 

レザー手首回り 全長 約170㎜   正面幅 約82.5㎜

※内側のレザーレースでサイズ調整可能です。調整可能なサイズの幅が大きく、女性のSサイズ以上の方であればほとんどの方にフィットすると思われます。
MATERIAL:
Silver, Leather
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ