HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JOP024398

Antique Santo Domingo Thunderbird Screw-back Earring c.1940

【Kewa】キワ/【Santo Domingo】サントドミンゴのアンティーク作品で、 通称【Battery Bird】バッテリーバードとも呼ばれる同部族の伝統的な工芸品の一つ。素朴で可愛い印象のサンダーバードが印象的なダングルタイプ(吊り下げ)のアンティーク/ビンテージイヤリングです

キワ族/サントドミンゴ族は、プエブロと呼ばれるナバホ以外のインディアン部族の中でも最大規模の部族で、アルバカーキからサンタフェにかけてのリオグランデ(川)流域で古くからジュエリーを制作することで知られていました。
現在でも素晴らしい作品を創作するアーティストを多数擁しており、独特の技術やスタイルを持ったジュエリーを制作していますが、こちらのような樹脂製のジュエリーは、1929年にアメリカを中心に世界恐慌が始まり、それに伴って生まれた作品群です。その為、同様のサンダーバードをトップとして構成したネックレスは【Depression Necklaces】デプレッションネックレス/大恐慌のネックレスとも呼ばれています。
もともと、サントドミンゴの代表的な工芸品/お土産物として、1920年代以前から色々なジュエリーが制作されていたようですが、世界恐慌により物資が不足し、身近にあった車のバッテリーケースやレコードなど廃材を樹脂パーツとして再利用して作られました。中には裏面にレコードの音溝がそのまま残っている作品も見られます。一説には当時サントドミンゴの村付近で、大量のレコードを積んだ貨物列車の事故があったため、それらの廃棄されたレコードが用いられたと伝わっていますが、真相は検証されていません。
大きさや色、デザインのパターンに大変幅広いバリエーションが存在するのが特徴で、一点一点に楽しい特徴が見られます。


本作ではサンダーバードのとぼけた表情等、可愛い印象と大胆な素材の構成による素朴な雰囲気が特徴的な個体です。ホワイト・ブラックを交互に配置することでモダンでグラフィカルな印象も持ち、チップインレイされたターコイズによってナチュラルな奥行きと複雑な質感が与えられています。またそれは、古い年代の伝統的な作品ながらポップでキャッチーなアクセントになりえるアイテムへと昇華されています。
スクリューバックパーツも当時のオリジナルパーツと思われ、それらはコッパー(銅)製となっています。サンダーバードと連結しているワイヤーのみ、シルバー製のワイヤーが使用されているようです。

また、こちらの作品は1940年代~1950年代初頭に作られた作品と思われますが、1960年代まで同様の材料や製法を用いた作品が作られており、さらに素材や質を発展させた作品は現在でもサントドミンゴの作家の間で制作されています。

【Thunderbird】サンダーバード はインディアンジュエリーの伝統的なモチーフの一つで、伝説の怪鳥であり、雷や雲、ひいては雨とつながりが深く幸福を運んでくるラッキーシンボルでもあります。
ジュエリーでは、限界の無い幸福を表すシンボルであり、ネイティブアメリカンの守り神的存在です。


サントドミンゴ/キワによる独特の価値観と味わいを感じることが出来るアイテムです。素朴なアンティークの質感と程良いサイズ感によって多くのスタイルに馴染みやすく、少し揺れるのがとても良いアクセントになってくれるイヤリング。ナバホやホピ、ズニのジュエリーとも相性が良く合わせやすいと思われます。

また本作は、類似した作品群の中でも良質なデザイン・造形を持ち、とても希少なピースながらトレジャーハントプライスな作品となっています。

◆着用サンプル画像(6枚)はこちら◆


コンディションも良好です。アンティーク作品のため、多少の擦れ汚れなどは見られますが、良い状態を保っています。 
※こちらのようなピースは、デリケートな作品となりますのでご着用に当たっては十分にご注意くださいますようお願いいたします。
PRICE:
20,900 円(税込)
SIZE:
サンダーバード部分のみ片方 縦 約2.1㎝  横 約2.0㎝
MATERIAL:
Resin, Turquoise, Copper, Silver
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ