HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRF004009

Antique Navajo Pearl Face Silver Tourist Ring c.1940

【NAVAJO】ナバホ/【PUEBLO】プエブロの【Tourist Jewelry】ツーリストジュエリーや【Fred Harvey Style】フレッド・ハービースタイルと呼ばれる、20世紀前半頃にアメリカ中西部の観光客向けに制作されたスーベニアアイテム(土産物)の一つで、ナバホパールとも呼ばれるシルバービーズをメインに構成されたアンティーク/ビンテージリングです。

1930年代末頃~1940年代に作られた作品と思われ、シャンクはフロントが割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれる伝統的な造形で2本に割り開かれています。そして、フェイスにはナバホパール(真珠)やインディアンパールとも呼ばれるシルバービーズを、コンチョのように半球型に近いシェイプに造形したアップリケで構成されています。この立体的な曲面を持つシルバービーズは裏面がフラットに構成され『Hollow Style/ホロウスタイル』と呼ばれる中空構造に造形されています。さらに、シャンクとフェイスの間には小さなシェルコンチョが配されており、作品に立体的な動きとビンテージナバホジュエリーらしい表情が与えられています。また、シャンクのサイド~後ろ側にもアロー等のさり気ないスタンプワークが刻まれており、細部まで手の込んだ造りとなっています。


【Hollow Style】中空構造/ホロウスタイルは、1940年代頃からみられる技法の一つで、この作品が制作された当時はまだ、新しいスタイルとして取り入られられた技術と推測されます。また、美しく造形するには高い技術を必要とし、現存する作品の少ないスタイルの一つでもあります。こちらの作品もドーム型のシルバービーズ/コンチョの裏面にフラットなプレートををロウ付けすることで造形されており、こちらの様に綺麗な立体を作り上げるのは容易ではありません。
また、同様のフォルムをシルバーの塊から成形することも可能ですが、シルバーをソリッド(無垢)な状態で仕上げてしまうと、その重量によって着用に支障が出るため、こちらのようなフォルムは中空構造/ホロウスタイルが最も適した造形だと思われます。


このようなシルバービーズをメインとした造形スタイルは、ナバホパールの別名からインディアンによる『パールリング/真珠の指輪』と云えるスペシャリティを持った作品です。

また、サイズは約7.5~8.5号と女性に向いた小さいサイズであり、パールリングはあまり男性には向かないジュエリーですが、こちらのナバホパールは渋くソリッドな表情を持ち、男性のピンキーリングにも向いたリングとなっています。

高い完成度を持ったシルバービーズの立体的なボリューム感がとても魅力的で、独特な存在感を放つピース。さり気ないシェルコンチョやスタンプワークのディテールによって素朴なナバホジュエリーの表情やビンテージ独特の味わいも感じられる作品であり、コレクタブルなピースの一つです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションも大変良好です。シルバーにはクスミ等が見られますが特にダメージはありません。使用感も少なくとても良い状態を保っています。
PRICE:
19,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 7.5~8.5号   円周 約 48.4㎜   us 4.5~5
正面幅 約 16.5㎜
MATERIAL:
Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ