HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO003616

Antique Navajo Arrows Stamped Ingot Silver Ring c.1920~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、インゴットシルバー(銀塊)から成形されたシャンク/地金をベースに、スタンプワークのみで構成したシンプルな作品。史料価値も高いアンティーク/ビンテージリングです。

1920年代~1930年代に作られた作品と思われ、シャンク/地金はインゴットシルバー(銀塊)からハンマーワークによって成形されています。また、センターに向かって幅が少し広くなったシェイプもハンマーワークで叩きのばすことで形作られ、パウンティングによって硬く重厚感のある肌となっており、エッジはヤスリによって少し鞣して仕上げられています。そして、フロントからサイドにかけてプリミティブなスタンプワークが施され、サイド部分にはナバホジュエリーらしいアローのスタンプが刻まれています。素朴ながら力強いスタンプワークは、アローモチーフ以外は抽象的な紋様を描き、ツーリストジュエリーの様なポップな印象は持っていませんが、ハンドメイドされたアンティークナバホジュエリーらしい威厳のある表情を生み出しているようです。


【Arrow】アローは、『お守り』の意味合いを持ちインディアンジュエリー創成期からみられる最古のモチーフの一つです。


【Ingot Silver】インゴットシルバー(銀塊)からの成形は、アンティークインディアンジュエリーにおいて非常に重要なファクターですが、銀含有率/品位などの素材とは関係なく、ジュエリーの製法技術を表します。
現在制作されている作品の多くは、材料として市販されているシルバープレート(銀板/ゲージ)を加工することでジュエリーとして成形されていますが、インゴットから成形する製法では一度溶かしたシルバーを、鍛冶仕事に近い方法であるハンマーやローラーで圧力をかけて伸ばすことでジュエリーとして成形していきます。最終的にはどちらもプレートやワイヤーの形態になるため、大きな差は無いように思われますが、インゴットから成形されたシルバーの肌は、硬くなめらかで鈍い光を持っています。それにより生み出されるプリミティブで武骨な作品の表情は、やはりアンティークインディアンジュエリーの大きな魅力です。
また、1930年代にはシルバープレートが登場しますが、当時シルバープレートを用いて制作されたジュエリーは政府によりインディアンクラフトとして認定されず、グランドキャニオンなどの国立公園内で販売できなくなった記録も残っています。


こちらの様な古いナバホの作品は、ジュエリーとしての派手さは持っていませんがアンティークインディアンジュエリー独特の雰囲気と量産品にはない迫力を醸し出します。
また、手に馴染みの良いシェイプや程よいボリューム感は仰々しい印象がなく、無駄のない秀逸なデザインや渋いシルバーの質感は落ち着いた表情を作っています。そして、そのようなミニマムでシンプルなデザイン/造形は、多くのスタイルに馴染みやすく、長くご愛用いただける普遍的な造形美を持つリングです。

ナバホの古典的な技術によって構成されたクラシックなスタイルの作品ですが、現代においても新鮮な印象を失っておらず、武骨ながら練り上げられた工芸品としての佇まいを感じさせます。
また、アンティークジュエリーの中でもリング/指輪は、着用による劣化や紛失、シルバーのリサイクル等により現存数が非常に少なく、大変希少でコレクタブルなピースとなっています。

◆着用サンプル画像(8枚)はこちら◆


コンディションは、経年を感じさせるクスミや細かなキズ等は見られますが、使用感やダメージ/リペア跡など見られず、アンティークリングとしてはとても良好なコンディションです。
また、ハンドメイドによるアンティーク作品ですので、つなぎ目部分のロウ付けの跡や制作上のムラは見られます。
PRICE:
43,800 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 18号   円周 約 58.5㎜   us 9
正面幅 約 11.8㎜
MATERIAL:
Ingot Silver
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ