HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO013013

Antique Navajo Ring w/Rectangular Lone Mt. Turquoise c.1940~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、トラディショナルで秀逸なシルバーワークに美しいローンマウンテンターコイズがセットされた素晴らしいクオリティーのアンティーク/ビンテージリングです。

1940年代~1950年代頃の作品と思われ、おそらくインゴットシルバー(銀塊)から成形されたシャンクはとても美しいシルバーワークによってサイドからフロントに向かって3本に割り開かれた『スプリットシャンク』と呼ばれるナバホの伝統的なスタイルに造形されており、センターにスクエアカットされたターコイズがセットされています。さらに両サイドにはコンチョのアップリケが配され、ベゼルとシャンクとの間には小さなシルバードロップが施されています。
リングとしてとても綺麗なバランスに仕上がった作品で、残念ながら作者は不明となっていますが、オーセンティックながら洗練されたデザイン/造形はナバホの偉大な作家【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)を想起させ、セットされた石も同作者が原石を所有し作品に用いていたものと近いクオリティーのローンマウンテンターコイズがセットされています。

セットされたターコイズは、非常に美しくミドルグレード以上にグレーディングできるオールドローンマウンテンターコイズと思われます。ナンバーエイトターコイズやインディアンマウンテンターコイズでも似た特徴を持った石が散見されますが、透明感と複雑なブラウンウェブは多層を感じさせる表情を持ち、ローンマウンテンらしい色相と煌めきを持っています。一部にはリペアと思われる部分も見られますが、現在も硬度を感じさせる艶と美しく濃いブルーを保っています。ワイルドな表情と宝石としてのクオリティーを持った無添加ナチュラルのターコイズです。


【Lone Mountain Turquoise】 ローンマウンテンターコイズは、ネバダ州のエスメラルダ郡にあり、北米4大ターコイズの一角です。長い歴史のある鉱山であり、1920年代後半から現在の『Lone Mountain』と言う名称になり、現在もわずかながら採掘されている鉱山です。
非常に硬度が高く、変色や劣化に強いターコイズとして知られ、採掘される原石はどんなに小さなものでもカットされ、そのほとんどがジュエリーに用いられました。 【Charles Loloma】チャールズ・ロロマや【Mark Chee】マーク・チー等も好んでジュエリーにしたターコイズです。
現在ではそのクオリティーと希少性からランダーブルーに次ぐ評価を受けるターコイズです。


美しいシルバーワークにより高い完成度を持った作品であり、良質なターコイズを奥行きのあるシルバーワークによって際立たせているようです。また、このような硬度と質を持ったターコイズがセットされたアンティーク作品は貴重であり、長い年月を経ていまだその輝きを失っていません。

また、経年による迫力とレクタングラーシェイプにカットされたターコイズによってクラシックでエレガントな印象も併せ持つ作品であり、性別を問わずスタイリングしていただけ、フォーマルなシーンでも品格を損なわず、普遍的な造形美は多くのスタイルにフィットするリングです。

◆着用サンプル画像(7枚)はこちら◆


コンディションは、古い作品のためシルバーには多少のクスミなどが見られますが、特にダメージはなく良好なコンディションです。ターコイズには、エッジ付近のサンドカラーになっている部分など、リペアの跡と思われる部分がありますが、石の動きやクラック等のダメージは無く、現在も素晴らしい艶と発色を保っています。
PRICE:
118,000 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 16号  円周 約 56.6㎜    us 8
正面幅 約 21.2㎜
ターコイズサイズは 19.8㎜×11.1㎜ 程度
MATERIAL:
Silver(probably Ingot Silver), Lone Mountain Turquoise
ORDER:
QUANTITY
HOMEへ
このページのTOPへ