HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO012588

Antique Navajo Drilled Turquoise Silver Ring c.1925~

【NAVAJO】ナバホのアンティークジュエリー、元々ネックレスだったドリルド(穴のある)ターコイズがセットされた非常に貴重なピース。秀逸なシルバーワークを含め、大変な史料価値を持つアンティーク/ビンテージリングです。

1920年代後半~40年代頃に制作されたと思われる作品で、ディテールやデザインワークはナバホの偉大な作家【Fred Peshlakai】 フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)の作品を想起させるリングです。
インゴット(銀塊)から成形されたと思われるシャンクは、4本にスプリットされておりセンターに幅とボリューム感を持たせています。ターコイズのベゼルには単独のスクエアワイヤー(四角い断面を持つシルバーワイヤー)を捻ることで制作したツイステッドワイヤーが2重に施されています。さらに、シャンクとのつなぎ目にはシルバードロップが配され、シャンクのサイドにはスタンプワークが刻まれています。全てのディテールはナバホの伝統的なスタイルと技術が用いられていますが、完成度の高いシルバーワークや技術力を感じさせる応用によってオリジナリティーを感じさせる作品に仕上がっています。

セットされた石は、前述のとおり元々はターコイズビーズネックレスだったパーツが再利用されています。柔らかなグリーンターコイズに複雑なグラデーションが見られ、ビーズとして開けられた穴が残っています。
このようなターコイズビーズの再利用は、ターコイズネックレスだけでなく、イヤリング等として加工された石も用いられ、1910年代~1940年代の作品で散見されるものですが、そのほとんどがミュージアムや個人のコレクションに収蔵されており、市場に出ることが非常に稀なピースの一つとなっています。【Fred Peshlakai】フレッド・ぺシュラカイ(1896-1974)やその弟である【Frank Peshlakai】フランク・ペシュラカイの作品でも類似したディテールを見ることができます。1970年代以降には、こちらのようなアンティークピースのスタイルを踏襲し、あえて穴をあけたターコイズを使用したリバイバル作品も制作されました。


こちらのリングも作者の独自性と卓越した技術、突出した造形センスを持ちながら武骨で芯の強い印象は、ナバホジュエリーの伝統的な美意識や精神を宿しているように感じます。
また、原始的な技法で形作られた素朴な質感のため、性別やスタイルを問わず馴染みやすい印象を持っています。

遺跡から発掘された美術品のような印象はとても静かで威厳のある佇まい。こちらの様なアンティークピースはその希少性や史料価値により、コレクターの手を離れることが非常に少ない貴重なアーリーナバホジュエリーです。

◆着用サンプル画像(6枚)はこちら◆


コンディションも経年によるシルバーのクスミやハンドメイド特有の制作上のムラが見られますが、使用感は少なくターコイズを含めとても良好な状態です。
PRICE:
38,000 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 17~17.5号  円周 約 57.8㎜    us 8.5
正面幅 約 17.1㎜
MATERIAL:
Ingot Silver, Turquoise(drilled with a hole)
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ