HOME > 商品詳細ページ

  • NEW
ITEM CODE:
JRO012767

Vintage Navajo Stamped Heavy Silver Men's Ring w/TQ c.1960

【NAVAJO】ナバホのビンテージジュエリーで、大変重厚でボリュームのあるシルバーワークと高さのあるカボションカットターコイズが印象的なピース。サイドのスタンプワーク等のシルバーワークは、洗練されたデザイン/造形を持つアンティーク/ビンテージリングです。

1950年代後半~60年代製と思われる作品で、サイドが丸く大変ボリューム感のあるフォルムを持ち、迫力のある立体的なシェイプとナバホ特有の武骨で重厚なシルバーワークによる造形は存在感があり、男性の手にもよく映える作品です。
シャンク/地金は、とても厚いハーフラウンドワイヤーを伝統的な造形であるスプリットした造形で、ターコイズのサイド部分にはシャンクと一体化したアップリケが施されています。こちらのようなデザインは、リングの丸みのあるシェイプを高度に計算して成形されたディテールであり、高い技術と熟練度の必要なシルバーワークです。同様の技術は、W.Ben Huntの著書『INDIAN SILVER SMITHING』 (1959年出版)にも紹介されており、現在では60年代~70年代の高い技術を持った作家による作品が散見されますが、コンテンポラリー作品では少なくなってしまったディテールの一つです。
ターコイズのベゼルには非常に太いワイヤーを撚り合わせたツイステッドワイヤーが配されており、シャンクの厚みに負けない存在感を放っています。また、サイドには『V字』にスタンプワークが施され、シンプルで簡素な装飾でありながらとても効果的にナバホジュエリーらしいプリミティブながらもクリーンで洗練された印象を生み出しています。

セットされたターコイズは高さのあるハイドームカットのナチュラルなアクアカラーの石で、鉱山は特定できませんが北米産のナチュラル無添加ターコイズと思われます。濃い色を持つターコイズではなく、少しマットな質感になっていますが、クリーンな印象のシルバーワークによく馴染む色合いとシャンク/地金のボリュームに負けない存在感を持ったカットのターコイズです。


大変高度なシルバーワークによって造形されながら、シンプルでシックな雰囲気も持っており、ターコイズの美しさと重厚なシルバーワークの双方が堪能できる作品に仕上がっています。男性に向いたサイズと存在感があり、ビンテージスタイルはもちろん、現代的なスタイルにもよく馴染んで日常のスタイリングに効果的なアクセントになってくれるリングです。

ビンテージインディアンジュエリーらしい武骨な雰囲気と独特の美意識を感じさせるハイエンドな作品。 ワイルドで男性的な印象と、どこか美しくエレガントさを併せ持ったリングです。

着用画像はこちら↓
画像①
画像②
画像③
画像④
画像⑤


コンディションも良好で、少し摩耗やクスミなどの使用感は見られるものの、目立ったキズやダメージはなく、良い状態を保っています。
PRICE:
32,400 円(税込)
SIZE:
日本規格 約 20~20.5号  円周 約 61.0㎜    us 10
正面幅 約 23.2㎜
ターコイズサイズは 15.9㎜×11.9㎜ 程度
MATERIAL:
Silver, Turquoise
SOLD OUT
HOMEへ
このページのTOPへ